香港が中国のデジタル人民元のテストを追加

Yamada
| 2 min read

香港の繁華街

出典:AdobeStock / ronniechua

香港は、中国のデジタル人民元の技術テストの第二段階に入り、より多くの香港の銀行に試験を拡大しました。

香港金融管理局(HKMA)中国人民銀行は、香港におけるデジタル人民元を使用したクロスボーダー決済の初期技術テストを完了したと、香港金融サービス・財務省のChristopher Hui長官フィンテック・イベントで語ったと報じられました

さらに、技術的なテストの第2段階が現在進行中で、より多くの香港の銀行が参加し、Faster Payment System(FPS)を通じたデジタル人民元ウォレットのトップアップ機能をテストしていると付け加えました。

香港金融管理局が2018年に導入したFPSは、受取人の携帯電話番号や電子メールアドレスを使うだけで、香港ドルや中国人民元でのクロスバンク決済を容易にします。

香港銀行間決済(Hong Kong Interbank Clearing Limited)のデータによると、今年第2四半期、FPSは約10億香港ドル相当の香港ドル決済を処理し、前年同期の6億6960万香港ドルから増加しました。

Hui氏は、e-CNYとも呼ばれるデジタル人民元は、両地域の住民にとって、クロスボーダー小売消費に安全で便利で革新的な選択肢を提供することが期待されると述べました。

さらに、「クロスボーダー決済サービスの効率と利用者の利便性を高め、広東省、香港、マカオのグレーターベイエリアにおけるコネクティビティを促進する」と述べました。

香港でのデジタル人民元テストの拡大は、中国がCBDCの開発で先頭を走っていることを意味します。

同国はCBDCのテストパイロットを各州で数多く立ち上げており、すでに2億人以上がテストに参加しています。

中国バハマナイジェリアアンギラジャマイカ東カリブ海諸国7カ国を含む計11カ国がCBDCを本格的に立ち上げています。

香港は世界的な仮想通貨のハブになろうとしている


香港はWeb3の開発を積極的に推進し、主要な仮想通貨ハブになることを目指しています。

都市国家は仮想通貨に関する新しいルールブックを発表しました。

新しい法律では、香港の個人投資家は、知識テスト、リスクプロファイル、合理的なエクスポージャーの制限などのセーフガードを導入することを条件に、認可された取引所で特定の「大型トークン」を取引することができます。

さらに、同国の主要な金融規制当局である証券先物委員会(SFC)は、新しい仮想通貨ライセンス制度に基づき、取引所にライセンスを授与しています。

先週、スイスを拠点とするSEBA銀行に対し、同委員会は原則認可(AIP)を与えたばかりです。

このライセンスにより、SEBA香港は、仕組商品や店頭デリバティブのような仮想資産関連商品を含む有価証券の取引を含む、広範な規制対象業務を行うことができるようになります。

最近では、仮想通貨取引所OKXが香港で仮想資産サービス・プロバイダー・ライセンス(VASP)を取得する最終段階に入ったことが報告されました。