Magnate Financeのウェブサイトがオフラインに、利用者は640万ドルの出口詐欺を恐れている

Yamada
| 1 min read

ハッカー

出典:Pixabay

Magnate Finance on Baseは本日未明、Telegramグループを削除し、ウェブサイトをオフラインにしました。

Magnate Financeは、640万ドルのTotal Locked Valueを保有しており、他の金融出口詐欺ともつながりがあります。

また、ブロックチェーンアナリストのZachXBTは、Mangate FinanceのアドレスがSolfireの480万ドルの出口詐欺に直接リンクしていることから、Mangate Financeによる出口詐欺の可能性が高いと警告しています。

同アナリストはさらに、Magnate FinanceはKokomo Financeの出口詐欺ともオン・チェーンでのつながりがあることを明らかにしました。

Magnate Financeトークンが急落


Magnate Financeトークン(MAG)は、ウェブサイトがオフラインになって以来、価値が88%近く急落しています。CoinGeckoのデータによると、トークンは過去24時間で90%以上下落しています。

Magnate FinanceはXアカウントも削除しています。

何人かのユーザーは、仮想通貨アナリストのZachが出口詐欺の可能性について警告した後、資金を引き出すことができました。別のブロックチェーンアナリストのPeckshieldも、Base上の貸出プロトコルの開発者が価格オラクルのプロバイダーを変更し、すべての資産を削除したことを確認しました。

業界を悩ませ続ける仮想通貨詐欺


Web3やDeFiプラットフォームに関連した仮想通貨詐欺の事例は、長い間業界を悩ませ続けてきました。

先にZachが明らかにしたところによると、過去4ヶ月のSIMスワップ攻撃による金銭的被害だけで1330万ドルを超えています。

DeFiエコシステムにおけるブリッジの悪用は、今年前半だけで2億700万ドルの損失をもたらしました。

Web 3.0セキュリティ企業のBeosinによる2023年6月30日のレポートによると、2023年上半期に出口詐欺やハッキングで失われた仮想通貨の総額は6億5600万ドルに達しました。

仮想通貨詐欺の継続的な増加は、規制当局が仮想通貨業界全体にさらに厳しい規制を課す理由を与えることになるため、この業界に複数の点で悪影響を及ぼします。