仮想通貨の将来性ランキングTOP10を徹底解説【2024年最新】

Hiro.O
Hiro.O | 詳細: Shunsuke.S
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

仮想通貨のコイン

2024年は、暗号資産(仮想通貨)市場にとって重要な年になると言われています。なぜなら、米国における現物型ビットコイン上場投資信託(BTCETF)の承認や、ビットコインの半減期を目前に控え、市場の活況が期待されているからです。

爆上げの仮想通貨を買いたい」「仮想通貨の投資を始めてみたい」と考える方は今、急増しています。しかし、暗号資産(仮想通貨)には様々な銘柄があるため、どれから購入すればよいか分からないというのが本音だと思います。将来のない仮想通貨で損はしたくないはずです。

今回、ブロックチェーンや仮想通貨の最新ニュースをお届けする当サイトCryptoNews Japanでは、2024年版の将来性が期待できる仮想通貨10選をランキング形式で紹介します。投資で損をしないため、おすすめコインの選び方・投資のポイントも解説していきます。

将来性のある仮想通貨ランキング一覧【2024年版】


将来性が期待できる仮想通貨の2024年最新ランキングは、以下の通りです。時価総額上位の暗号通貨だけではなく、アルトコインやプレセール案件なども含め、10銘柄を厳選しました。

  1. Smog Token(SMOG)–2024年に新しく誕生したソラナチェーン系の新しい仮想通貨。3つの成長ロードマップに分かれており、エアドロップ報酬も公平性のある仕組みで獲得でき、将来性に期待できる仮想通貨プロジェクト。
  2. Scotty the AISCOTTY)– AIとブロックチェーン技術を融合したプロジェクト。数日で10万ドル以上の資金調達にも成功しており、将来性に期待が集まる有望コインです
  3. Sponge V2(SPONGEV2)– 2023年に100倍超のリターンを記録したスポンジボブトークン(Sponge V1/$SPONGE)の第2弾。初代Sponge V1の再来と目されており、2024年の仮想通貨将来性ランキング筆頭プロジェクト。
  4. Meme Kombat(MK)– Meme Kombat(MK)は、ユーザーがミームコインを賭けて対戦するバトルゲーム型仮想通貨プロジェクト。コミュニティの強い支持を受けており、今後のさらなるアップデートが期待されています。
  5. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– ビットコインのクラウドマイニングに参加するミームコインです。ステーキングと仮想通貨を組み合わせた「ステーク・トゥ・マイン(STM)」システムを採用しています。
  6. ビットコイン(BTC)– 2009年に誕生した世界初の仮想通貨。時価総額で他の仮想通貨を大きく上回り、高度な暗号化技術と限られた総供給量によって価値が高まっており、世界的に注目が増しています。
  7. イーサリアム(ETH)– ビットコインに次ぐ市場規模を持つ暗号通貨。スマートコントラクト機能によるDeFiやNFTゲーム分野での活用が期待され、価格上昇の可能性がある。
  8. リップル(XRP)– リップル社の国際送金ネットワークのネイティブトークンで、300以上の金融機関によって利用されています。取引の迅速さ・手数料が低さが特徴で、国際送金市場での高いポテンシャルにより注目されています。
  9. ポルカドット(DOT)– スイスのWeb3 Foundationによって開発された新しい仮想通貨。Web3.0時代における分散型Webの安全性向上に期待され注目を集めています。
  10. エイダコイン(ADA)– 分散型アプリケーション開発プラットフォームのカルダノを通じて、医療、教育、小売、金融などの分野での利用が期待されており、専用ウォレットを使って取引できます。

ランキングは、各プロジェクトの時価総額・過去の最高値・今後の上昇可能性・安全性など、様々な要因を分析して作成しました。どの銘柄も今後伸びると期待されています。今から仮想通貨を買うなら、この中から選ぶのが賢い選択になるでしょう。以下、ランキングに取り上げた各暗号通貨を個別にレビュー分析・解説していきます。

将来性のある仮想通貨TOP10をランキング順にレビュー


ランキングで取り上げた将来性の高いおすすめ仮想通貨を個別に分析します。コインの概要やそれぞれの特徴、期待が高まっている理由、プレセール開始日(プレセール銘柄限定)を網羅的にまとめました。こちらを参考に、ぜひコインを購入してみましょう。記載する現在価格、時価総額などの値は、2023年12月19日時点の数値となっております。

1位: Smog Token(SMOG)

Smog Token(SMOG)は「すべてを支配するミームコイン」を目標の掲げたソラナチェーン系の新しい仮想通貨。3つの成長ロードマップに分かれており、将来性が期待できる仮想通貨として注目されています。

フェーズ1では、エアドロップ関連のリサーチ、トークン割り当ての配分を決定。フェーズ2では、公平性のあるトークンローンチを実施したのち、トークン所有者専用のステーキング機能を実装する予定。

最後のフェーズ3では、コミュニティへの利益還元と、SMOGをミームコイン筆頭銘柄にブランディングしていきます。

SMOGではソラナとイーサリアムの両ブロックチェーンを基盤として採用しており、プレセールなしで提供されるため、仮想通貨初心者の方でも安心して利益を出せる可能性が高いです。

SMOGの購入方法としては、公式サイトからの割引購入がおすすめ。初心者の方でも比較的簡単にエアドロップ収入を得ることができる数少ない仮想通貨プロジェクトであり、SMOGの今後にも期待ができるでしょう。

仮想通貨将来性ランキング筆頭のSMOGに興味のある方は、リンク先の公式サイトから割引購入してみてください。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最小購入金額 なし
最大購入金額 なし

2位:Scotty the AI(SCOTTY)

Scotty the AI(SCOTTY/スコッティ)は、AIとブロックチェーン技術を活用し、仮想通貨市場のセキュリティ強化を実現した仮想通貨将来性ランキング有望株。詐欺行為を検知し、ユーザーの詐欺被害リスクを排除します。

現在、SCOTTYトークンの30%がプレセール販売に割り当てられており、開始から約1か月で80万ドルの資金調達に成功しています。早期参入することで、将来的に高い売却益を得られる可能性があり、仮想通貨1000倍銘柄になるポテンシャルを秘めています。

過去の事例を見ても、ビットコインやリップルのような将来性のある仮想通貨への早期投資は、資産形成においても有効です。そしてSCOTTYトークンの残り70%は、開発、ステーキング、マーケティング、仮想通貨取引所上場後の流動性確保などに分配されます。

総供給量の35%に相当する金額がステーキング報酬として割り当てられるため、コミュニティへの利益還元を重視したプロジェクトであることが伺えます。将来性の高い仮想通貨で儲けたい方は、SCOTTYトークンの買い方を見ながらプレセールで購入してみてください。

プレセール開始日 2024年1月
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム
投資可能最少額 1ドル
投資可能最大額 なし

3位:Sponge V2(SPONGEV2)

Sponge V2($SPONGEV2)は、2023年の仮想通貨将来性ランキング筆頭「スポンジボブトークン(SpongeV1/$SPONGE)」の後継プロジェクト。Sponge V1は同5月に上場した直後に短期間で100倍に高騰し、時価総額1億ドルを達成。

初代スポンジボブトークンの爆上げ再来に期待する投資家も多く、ビットコインの次に来る投資先として注目されています。トークン保有者が1万3000人を突破するなど、有力ミームコインとなったSponve V1ですが、強固なコミュニティ基盤をそのまま活用し、ローンチに成功したのがSponge V2です。

そんなSponge V2ですが、特徴的なプレセール方式「Stake-to-Bridgeモデル」が注目を集めています。まずプレセールでは、総供給枚数1500億枚のうち約26.93%にあたる404億枚を提供します。

通常、仮想通貨プロジェクトはプレセール販売を通じて資金を調達しますが、Sponge V2トークンは、ステーキングとブリッジングを通じてのみ入手できます。Sponge V2公式サイトでSponge V1トークンをステーキングすることで、Sponge V2をステーキング報酬として入手できます。

Sponge V1を持っていない方は、同サイトでSponge V1を購入し、そのままステーキングできます。当社(CryptoNews Japan)のSponge V2価格予想によると、2024年内に100倍のリターンを記録する可能性も。ステーキングのAPY(年間収益率)も高い利回りを実現し、仮想通貨ユーザーから人気が集まっています。

Sponge V2の買い方を参考にしつつ、リンク先の公式サイトからぜひトークン購入をご検討ください。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム
最小購入金額 なし
最大購入金額 なし

4位:Meme Kombat(MK)

Meme Kombat(MK)は、ユーザーが好きなミームコインを賭けて対戦する、新たなバトルゲーム型の仮想通貨プロジェクトです。ミームコンバットは、流動的なAPR(年間さん利回り)を提供しており、参加者はステーキングを通じて報酬を得られます。

また、ミームコンバットは、ミームキャラクターの導入により、コミュニティの厚い支持があり、今後のプラットフォームやゲームシステムのアップデートが期待されます。実際に、2024年には新しいゲームモードやパートナーシップの導入、さらなる事業展開が計画されており、注目すべきローンチ間近の仮想通貨となっています。

Meme Kombatは2023年10月にプレセールを開始し、既に200万ドルの売上を記録しています。Meme Kombatのプレセールに参加したい方は、下記ボタンから公式サイトを確認してみましょう。

プレセール開始日 2023年10月3日
購入方法 USDT、ETH、BNB
ブロックチェーン イーサリアム他
投資可能最少額 10ドル
投資可能最大額 なし

5位:Bitcoin Minetrix(BTCMTX)

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、ビットコインのクラウドマイニングに参加するための仮想通貨プロジェクト・ミームコイン。このプロジェクトは、ステーキングと仮想通貨を組み合わせた「ステーク・トゥ・マイン(STM)」を導入しており、ビットコインマイニングの報酬を出資額に応じて分配するクラウドファンディングに似た投資方法となっています。

Bitcoin Minetrixは、ビットコインマイニングに特化した将来性の高い仮想通貨であり、安全性と透明性が高いです。また、BTCMTXトークンはビットコイン価格に連動する傾向があり、将来性も高いと評価されています。

Bitcoin MinetrixのSTMシステムにより、投資家は簡単にマイニングに参加し、ビットコインを獲得できます。また、Bitcoin Minetrixは環境に優しいマイニングソリューションを提供しており、業界における持続可能性への関心に応えています。

プレセールに参加したい方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参照した上で、下記ボタンから公式サイトを確認してみましょう。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDT、BNB、MATIC、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム他
投資可能最少額 10ドル
投資可能最大額 なし

6位:ビットコイン(BTC)

直立するビットコイン(BTC)硬貨

ビットコイン(BTC)は、2009年に考案された世界で最初の仮想通貨です。ブロックチェーン技術を基盤とし、中央銀行や単一の管理者の不在により、P2P(ピアツーピア)のデジタル通貨として機能します。

ビットコインは時価総額において、他の仮想通貨を大きく上回り、業界で最も高い評価を受けています。2023年12月現在、1BTCの価格は622万1669円で、その時価総額は約121兆円を超えています。また、中南米の島国エルサルバドルでは法定通貨として認定されているなど、世界的に注目度は上がっています。

ビットコインの特徴としては、高度な暗号化技術による保護により安全な取引ができることです。また、総供給量は2100万枚に限られており、この希少性が価値を高めています。このような背景から、世界中の仮想通貨ユーザーがビットコインの今後に期待を寄せています。

昨今、世界中での受容度が高まっており、多くの国や企業がビットコインの使用を開始しています。また、ライトニングネットワークなどの技術進化による取引の効率性と速度の向上が、将来的な成長を促しているといわれています。

ビットコインを購入したい方は、下記のボタンから取引所を確認してみましょう。

現在価格(24年2月10日) 707万3584円
時価総額 約138兆円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(Coincheck、bitFlyerなど)

7位:イーサリアム(ETH)

イーサリアムのひし形ロゴとETHERUMと刻印されたコイン、背景にはローソク足チャートが見える

イーサリアムは時価総額ランキング第2位で、ビットコインに次ぐ知名度と市場規模を持つ暗号通貨です。もともと分散型アプリケーション(DApps)に使用される暗号通貨として開発されましたが、NFTや仮想通貨メタバースのアバターなどで「一点もの」を証明する技術としても利用されています。

イーサリアム最大の特徴は、スマートコントラクト機能です。これは、ブロックチェーン上で契約を自動的に実行する仕組みで、データ改ざん耐性と高いセキュリティを保証します。

また、イーサリアムのブロックチェーンはDApps開発で高いポテンシャルを発揮し、OMG(オーエムジー)やBAT(ベーシックアテンショントークン)といったWeb3.0仮想通貨の開発基盤としても活用されています。

さらに、イーサリアムはDeFiやNFT分野との関連性が非常に強く、これらの分野が活発化することでイーサリアムの価格が上昇すると予想されています。また、大型アップデートへの期待や実装などにより、長期的な価値向上が期待されています。

イーサリアムを購入したい方は、下記のボタンから取引所を確認してみましょう。

現在価格(24年2月10日) 37万4356円
時価総額 約45兆円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(Coincheck, bitFlyerなど)

8位:リップル(XRP)

仮想通貨(暗号資産)リップル(XRP)のロゴが刻印された硬貨、背景は漆黒の闇

XRPは、米リップル社が提供する国際送金ネットワーク、RippleNetのネイティブトークンです。銀行や金融機関が国際送金を迅速かつ安価に行うために開発されました。

リップルの特徴は、取引を数秒で完了させる高い取引処理能力にあります。送金手数料は非常に低く抑えられ、300以上の金融機関がリップルネットワークを利用しており、十分な有効性と信頼性を持っています。

そんなリップルは、国際送金やクロスボーダー取引における新たな決済手段として注目されています。リップル社は、将来的に株式市場への上場を目指しており、実現すればさらなる資金調達と開発の加速が期待されます。

リップルを購入したい方は、下記のボタンから取引所を確認してみましょう。

現在価格(24年2月10日) 78.49円
時価総額 約4兆2700億円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(Coincheck, bitFlyerなど)

9位:ポルカドット(DOT)

Polkadotの文字と仮想通貨DOTのロゴ

ポルカドット(DOT)は、スイスのWeb3 Foundationによって開発された新しい仮想通貨です。ポルカドットの技術は、異なるブロックチェーン間の相互通信を可能にし、DAppsサービスの相互連携を促進します。

ポルカドットの特徴は、強固なセキュリティ機能・ブリッジ機能です。この機能により、他の仮想通貨との連携が促進されます。仮想通貨を預けているだけで報酬がもらえるサービスも魅力的です。

ポルカドットは、Web3.0時代の分散型Webの安全性を高めることが期待されています。DOTトークンの投資手段も多様化しており、人気と期待が上昇しています。ポルカドット(DOT)を購入したい方は、下記のボタンから取引所を確認してみましょう。

現在価格(24年2月10日)  1078円
時価総額 約1兆3770億円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(bitFlyer、DMM Bitcoinなど)

10位:エイダコイン(ADA)

積み重なったコイン

エイダコイン(ADA)は、2017年に登場したカルダノのブロックチェーンを使用する暗号資産です。イーサリアムのチャールズ・ホスキンソン共同創設者によって開発されました。

カルダノは、分散型アプリケーション(DApps)の開発プラットフォームです。DeFi(分散型金融)への進出を進めており、エコシステム内でのエイダコインの使用が増加中。企業や公的機関との提携を通じて、エイダコインの利用範囲が拡大していることも期待の理由です。カルダノはロードマップに沿ったアップデートを進行中で、これが完了すればカルダノ・プラットフォームの機能性と効率性の向上が期待されます。

エイダコインは特に医療、教育、小売、金融などの領域での利用が期待されており、現在は暗号資産市場で時価総額トップ10に位置しています。ユーザーはカルダノの専用ウォレット、ダイダロスやヨロイを使用して取引が可能です。

エイダコインを購入したい方は、下記のボタンから取引所を確認してみましょう。

現在価格(24年2月10日) 80.53円
時価総額 約2兆8000億円
購入方法 主要な仮想通貨取引所(OKX、SBI VCトレードなど)

将来性のある仮想通貨銘柄の選び方5選


ビットコイン(BTC)とローソク足

2024年度に将来性が期待できる仮想通貨の銘柄を紹介してきましたが、投資先で迷っている人もいると思います。ここからは、将来性のある仮想通貨銘柄の選び方・コツを5つ紹介します。

①仮想通貨プレセールに注目する

将来性のある仮想通貨銘柄を選ぶなら、プレセールに注目しましょう。仮想通貨プレセールとは、プロジェクトのトークンの一部を先着順で投資家に配布する仕組みです。仮想通貨のプレセールでは、開発資金を調達するため、上場価格よりも格安でトークンを販売します。その分、将来的な爆上がりの余地が大きくなります。

プレセールの最新おすすめ案件として、以下があります。

ポイントは、堅実なプレセールプロジェクトを探すこと。上記3つは特に信頼性のあるプロジェクトとされており、すべて今回のランキングに入っています。

②使用用途・目的を確認する

次に、仮想通貨プロジェクトの使用用途・目的を確認しましょう。なぜなら、使用用途や目的が明確でないと、購入後の不安や将来性への疑いにつながるからです。一般的な使用目的としては、「決済」「スマートコントラクト」「その他用途」に分かれます。たとえば、有名な銘柄は下記のとおりです。

  • 決済:ビットコイン、ドーイコインなど
  • スマートコントラクト:イーサリアム、ソラナなど
  • その他:アクシー・インフィニティ(AXS)などのGameFiなど

購入前に、各プロジェクトの公式サイト等を必ず確認しましょう。

③ロードマップで開発状況を確認する

また、ロードマップなどの開発状況も確認しておきましょう。理由としては、仮想通貨の多くは、開発とアップデートを繰り返しながら完成していくからです。新しい暗号通貨プロジェクトの場合、開発の初期段階である可能性が高くなります。良質なプロジェクトを見つけるにはロードマップを確認し、評価することが必須です。

なお、今回取り上げたSMOGSponge V2Bitcoin Minetrix、などは、明確なロードマップがあり、信頼に足ります。何よりも、ロードマップが公開されている公式サイトを確認することが重要です。逆に、開発やアップデートが行われていないものは、危険視した方がよいかもしれません。

④時価総額に注目する

時価総額に注目することも重要です。なぜなら、時価総額が大きい仮想通貨は、流動性の高さと価格の安定を持ち合わせているからです。その分、コインに対する信頼度も増します。

例えば、ビットコインやイーサリアムは、時価総額1位・2位の仮想通貨です。これらの通貨は市場での広い認知・比較的高い安定性・信頼性を持っています。安定性や信頼性は将来性に密接につながるため、時価総額も重要な指標の一つとなります。

⑤取引量(流動性)を確認する

最後に、取引量(流動性)の高さにも注目しましょう。一般的に取引量が高くなると、投資家の購入と売却がスムーズになるためです。例えば、仮想通貨を売却したくても、取引量が少なく購入を希望する人がいない場合は、取引が成立しません。

そのため、取引量(流動性)も多くの投資家が注目する指標の一つとなっています。

将来性のある仮想通貨投資で稼ぐ3つのポイント


将来性のある仮想通貨に投資して稼ぐために、意識すべきポイントがあります。今回、最低限守るべき重要なポイントを3つ厳選しました。仮想通貨投資で損をしないよう、必ず目を通してください。

①仮想通貨プレセールに参加する

最初のポイントは、「仮想通貨プレセールへの参加」です。理由としては、「低単価で仮想通貨を保有できる」「市場での価格上昇と利益が直結しやすい」の2つが挙げられます。

たとえば、過去には、 Tamadogeはプレセール初期に0.01ドルで販売され、その後0.194ドルのピークに達し、投資家たちは約2000%の利益を得ました。今回紹介したランキングの中でも下記3つを中心に、プレセール情報を確認しておきましょう。

②中長期視点で投資・保有をする

仮想通貨投資に限った話ではありませんが、一般的に投資は中長期視点での保有、いわゆる「ガチホ」が推奨されます。

短期投資だと、エントリー数が増えるため、損失につながりやすいです。特に、仮想通貨はチャートの上下が激しいため、短期トレードに向いていないと言われています。チャートの上下に一喜一憂しないためにも、中長期的な視点でのトレードを意識しましょう。

③詐欺やGOX(ゴックス)に気をつける

仮想通貨投資をする際には、「詐欺(ラグプル)」と「GOX(ゴックス)」に気をつける必要があります。

仮想通貨の業界には、良質なプロジェクトがある反面、詐欺プロジェクトも多く存在します。具体的には、「運営が資金を持ち逃げする」「詐欺リンク(スキャムリンク)を踏んでしまう」などのリスクがあります。資産を失わないように、セキュリティ対策や仮想通貨に関する情報収集を怠らないことが大切です。

GOX(ゴックス)とは、仮想通貨の誤送金を指します。誤送金でも資産を失う可能性があります。例えば、利用している取引所から、他の取引所・ウォレット等に仮想通貨を移動させる際に、誤ったアドレスに送ってしまう、などです。

仮想通貨投資では、値動きの激しさやハプニングが多いため、慎重さを欠いてしまうこともあります。資産を移動させる際には、必ず冷静になって二重チェックをしましょう。

将来性のある仮想通貨に関してよくある質問


Q1:仮想通貨のプレセールとは?

仮想通貨のプレセールとは、新しいトークンが市場で販売される前に、割引価格で購入できるチャンスのこと。一般的には、仮想通貨ICO(や取引所への上場前に実施されることが多いです。最大のメリットは、早期投資によって大きなリターンを獲得できる可能性があることです。とはいえ、後述するようにリスクも伴います。そのため、投資を行う際には、情報収集が必須となります。

なお、最もよい情報収集のやり方は、公式サイトを見ることです。今回のランキングには各プロジェクトの公式サイトを載せています。そこからアクセスし、入念なリサーチの上、購入を判断してください。

Q2:仮想通貨プレセールに注意点はありますか?

仮想通貨プレセールの注意点としては、以下の2つがあります。

  • プロジェクトの失敗による資産の無価値化
  • ICO後のコイン価値急落(市場の状況による)

プロジェクトやプロジェクトや市場の動向次第では、利益を受け取れない可能性があります。そのリスクは頭に入れておきましょう。

Q3:仮想通貨プレセールに参加する方法は?

仮想通貨プレセールの参加方法は通常、以下の6ステップとなります。プレセールは魅力的な早期の投資チャンスですが、それを成功させるには情報収集と適切な計画が必要です。

  1. 市場リサーチとプロジェクト評価 – はじめに、プロジェクトを詳細に調査します。主な調査項目はプロジェクトの目的、技術的な詳細、およびロードマップです。
  2.  適切なウォレットの準備 – プレセールに参加するために、仮想通貨ウォレットが必要です。MetaMaskやTrust Walletなどの信頼できるプロバイダーをおすすめします。
  3.  購入資金の調達 – プレセールには通常、ETH(イーサリアム)やUSDT(テザー)などの特定の仮想通貨が必要です。仮想通貨取引所や暗号通貨ウォレット上で用意しておきましょう。
  4. ウェブサイトでのウォレット接続 – 例えばMeme Kombatトークンを今すぐ買う場合、公式サイトにアクセスし、「Connect」ボタンを使ってウォレットを接続します。
  5. トークンの購入と権利確定 – プレセールサイトで「購入」を選択し、購入するトークンの量を決定します。次に、トークンをロックする期間を選択し、各種ボーナスを有効にします。
  6. トークンの請求 – プレセール修了後、購入したトークンをプロジェクトのウェブサイトから請求できるようになります。

上記は、一般的なプレセール参加方法です。実際に参加する場合は、公式サイトを必ず確認するようにしてください。

結論:ビットコイン以外にも将来性の高い仮想通貨はある


この記事では、2024年に向けて購入すべき将来性の高い仮想通貨ランキングを解説しました。仮想通貨の買い方ガイドも参考にした上で、ぜひ投資をご検討下さい。

2023年は柴犬コインやぺぺなどのプロジェクト急騰が話題になりましたが、2024年はビットコインをはじめ、さらなる仮想通貨市場の盛り上がりが期待されています。ビットコインも注目の仮想通貨ですが、CryptoNews Japanでは以下3つのプレセール仮想通貨に注目しています。

2024年に仮想通貨で利益を出したい方は、ぜひ本記事をブックマークした上で、各プロジェクトに投資をしてみましょう。なお、本記事のランキングは予測であり、価格上昇を保証するものではありません。投資を行う際には自己責任のうえ、十分な注意を払ってください。