元アメリカ大統領候補のAndrew Yang氏、ブロックチェーンサミットで暗号通貨について語る

Yamada
| 2 min read

元アメリカ大統領候補のAndrew Yang氏

元アメリカ合衆国大統領候補のAndrew Yang氏は、11月16日木曜日に北米ブロックチェーンサミットで、デジタル資産に関する問題やイノベーションについて議論するために登壇しました。<

ハイテク推進派<


自身を「Bitcoinや仮想通貨全般の大きな支持者」と表現するYang氏は、2021年にハイテク推進派の中道政党Forward Partyを設立しました。<

サミットでYang氏は、アメリカにおけるブロックチェーン技術の現状、特にそのメディア報道やビジネスを国外に追いやる可能性について公然と批判しました。<

「この運命を回避する方法は、アメリカ国民の問題解決にブロックチェーンを積極的に活用することです」とYang氏は述べました。「残念ながら、彼らがニュースで目にするのは、Sam Bankman-Fried氏とFTXだけです。」<

規制当局の取り締まりは続く<


Yang氏は、デジタル資産の監視に関するアメリカの規制環境についても批判し、「大失敗が起きるまで待って、発生した後に公聴会を開こう」という雰囲気と同じであると述べました。<

Yang氏のコメントは、仮想通貨犯罪、法律、規制に関する公聴会が数多く開かれた1週間に続くものです。11月14日には、上院銀行委員会はアメリカの規制当局とデジタル資産分野の監督について会合を開きました。その翌日、下院金融サービス小委員会では、ハマスによる10月7日の攻撃を受け、仮想通貨犯罪とテロ資金を取り締まるための会合が開かれました。なお、この攻撃では1,200人のイスラエル人が死亡しました。<

「デジタル資産エコシステム内の悪質な行為者に責任を負わせることが不可欠で、それによって正当なプレイヤーが繁栄することができます」と下院金融サービス委員会のPatrick McHenry委員長は述べました。<

公聴会の後、下院金融サービス委員会のメンバーは、大統領のJoe Biden氏と財務長官のJanet Yellen氏に書簡を送りました。<

「我々はホワイトハウスと財務省に、ハマスのデジタル資産募金キャンペーンの足跡を評価するためにオープンなブロックチェーン台帳を利用することを要請します」と下院多数党院内総務のTom Emmer氏は発言。「これにより、議会は悪質な行為者をブロックチェーンで特定し、正当なデジタル資産の使用とイノベーションを支援するためのアメリカ合衆国の利用可能なツールと能力をよりよく理解することができます。」<

Yang氏が大統領に?<


さらにYang氏は、重要な社会問題に対処する際にブロックチェーン技術が果たすことができる影響について期待を寄せました。<

「私たちは、これらのツールが貧困と闘うために何ができるのか、まだ表面しか見ていません」とYang氏は述べました。<

同氏は以前、ユニバーサルベーシックインカムに対するイデオロギー的な支持を発表し、これは必ずしも法定通貨で支払われる必要はないと指摘しました。<

なお、Yang氏はまだ2024年の大統領選挙への立候補を正式に否定してはいません。<