BTC 0.80%
$65,012.54
ETH 3.60%
$3,555.17
SOL 2.82%
$137.45
BNB 3.19%
$599.92
XRP 3.02%
$0.49
DOGE 2.30%
$0.12
SHIB 1.91%
$0.000018
PEPE 10.94%
$0.000011
Sealana(SAL)
先行セール終了間近

FRB、2024年に100ベーシスポイント以上の利下げを伴うハト派スタンスを取る見通し

Yamada
| 2 min read

FRB、2024年に100ベーシスポイント以上の利下

画像引用先:Monster Ztudio, Adobe Stock.

ドイツ銀行が月曜日に発表した予測によると、FRB(米連邦準備制度)は2024年にハト派的な金融政策の姿勢を取る可能性が高いです。そして、アナリストたちは、連邦準備制度が現在の約5.25-5.50%の水準から少なくとも100ベーシスポイントの利率を下げると予測しています。

インフレ率低下に伴う緩和政策


INGは、経済成長とインフレ率が減速する中で、FRBが来年には政策を緩和すると予想しています。中央銀行は、消費者物価の高騰に対抗するため、過去1年間にわたって積極的に利上げを実施。インフレが緩和すると予想されているため、FRBは利率を下げて経済を支援する余地を持つことになります。

この緩和的な姿勢は米ドルを下落させ、株式や仮想通貨などのリスク資産にとって追い風となるでしょう。FRBがハト派的なスタンスを採用すると、ドルは下落する傾向があり、投資家に対して高利回り資産への投資を促すことになります。

2024年には、FRBが最大の利下げを実施すると予想されています。ドイツ銀行リサーチによると、トレーダーらは今年のピーク水準から、少なくとも100ベーシスポイントの下落に賭けています。イングランド銀行やヨーロッパ中央銀行のような他の中央銀行も利下げに踏み切ることが予想されますが、連邦準備制度ほど積極的ではありません。

なお、予想される政策緩和は、FRBが2022年3月に基準金利をゼロ付近から現在の5.25%超から5.5%の範囲に引き上げた後に実施されます。

FRBの金融政策転換が成長を支える


エコノミストの間では、供給チェーンの圧力が緩和され、需要が穏やかになるにつれて、インフレが引き続き下降すると広く予想されています。そして、インフレ率の低下により、FRBは物価の安定だけに焦点を当てるのではなく、経済成長と雇用を支援する方向に政策を転換することができるようになります。

ただし、基本シナリオはFRBの利下げとドル安ですが、リスクは依然として存在します。 インフレが再加速すれば、FRBは緩和政策の再考を余儀なくされるでしょう。アナリストたちはまた、ドル安期待への脅威として、原油価格の上昇や中国の成長鈍化、米国経済指標の好調などの潜在的な衝撃にも注視しています。

現時点では、トレーダーたちは2024年にFRBがハト派化に転換することを織り込んでいます。世界で最も影響力を持った中央銀行であるFRBの金融政策スタンスは、しばしば世界のリスクセンチメントや資産価格の基調を決定します。来年の株式と仮想通貨にとって、予想される緩和サイクルは建設的な背景となるでしょう。