米国司法省、「豚の屠殺詐欺」仮想通貨詐欺でTetherにより凍結された2億2,500万ドルの中から900万ドルのUSDTを押収

Yamada
| 1 min read

米国司法省、「豚の屠殺詐欺」仮想通

画像引用先:blvdone, Adobe Stock.

米国司法省(DOJ)は今日、「豚の屠殺詐欺」として知られる仮想通貨詐欺に関連して900万ドル相当のステーブルコインUSDTを押収したと発表しました。 押収された資金は、発行会社Tetherが詐欺に関連して外部の自己保管ウォレットに凍結していた、2億2,500万ドル相当のUSDTという巨額の一部でした。

「豚の屠殺詐欺」仮想通貨詐欺では、悪意のある行為者が偽の関係を築き、被害者に偽のビジネスへの投資を説得してからお金を盗むというものです。

仮想通貨犯罪の撲滅に向け、当局が連続した押収活動を強化


「これらの詐欺師は、一般投資家を騙して、彼らの投資がお金を稼いでいると被害者に告げるウェブサイトを作成します」と、司法次官補代理のNicole Argentieri氏は述べています。「しかし実際には、これらの国際的な犯罪者たちは仮想号通貨を盗んでおり、被害者には何も残されていません。」

当局は、トランザクションの流れを追跡することで、洗浄された仮想通貨の流れを交換所を通じて追跡できました。このプロセスは「チェーンホッピング」と呼ばれています。

司法省は、差し押さえた資産の移転においてTetherの協力を認めています。米国当局は以前から、違法な運営に関連する仮想通貨を押収する権力を行使しており、2020年にはSilk Roadマーケットプレイスに関連する70,000ビットコインを押収したことがあります。

仮想通貨インテリジェンス会社の21.coは10月に、米国政府が現在、押収した仮想通貨資産で50億ドル以上を管理していると報告しました。司法省は、他の機関と共同で、まもなく発表される主要な仮想通貨執行行動が予定されていると述べました。

このUSDTの押収は、詐欺やマネーロンダリングなどの違法行為を抑制するために仮想通貨の監視が強化されていることを強調しています。しかし、仮想通貨取引の匿名性は、当局が犯罪を検出し資金を押収する際の課題を提示しています。政府機関が仮想通貨エコシステムを明らかにするためにより多くのリソースを割り当てるにつれ、この取り締まりは続くと予想されます。