米国司法省が1年にわたる捜査の和解に向けてBinanceに40億ドル以上を要求しているとの報道が浮上し、仮想通貨市場が暴落 – 最新情報はこちら

Yamada
| 1 min read

米国司法省が1年にわたる捜査の和解に向け

画像引用先:Adobe

米国司法省(DoJ)は、世界最大の仮想通貨取引所バイナンスに対し、同取引所に対する1年間にわたる調査に対する解決案として40億ドル以上の和解金を求めているというニュースを、Bloombergが月曜日に、協議に詳しい関係者の話を引用して報じました。

仮想通貨市場は当初、このニュースを受けて下落しましたが、その後回復しています。

Bitcoin(BTC)は一時的に37,000ドルを下回りましたが、その後37,500ドルを超えて回復。一方、Binanceに関連するBNB(BNB)は一時的に240ドルを下回りましたが、260ドル台まで急上昇しました。

報告によれば、DoJとBinanceは今月末までに和解に達する可能性がありますが、この和解には、Binanceの創設者Changpeng Zhou氏が米国で刑事訴追される可能性も含まれていると言われています。

合意が得られれば、司法省がマネーロンダリング、銀行詐欺、制裁違反に関与したとして非難しているBinanceに対する捜査は終了することになります。

仮想通貨市場の大混乱について


仮想通貨市場がBinanceとDoJの見出しに対して不安定な反応を示したことは、世界をリードする暗号通貨取引所Binanceに関するニュースに市場がどれほど敏感であるかを浮き彫りにしています。

The Blockによって提示されたデータによると、Binanceは今月のグローバルなスポット仮想通貨取引量の約37%を占めています。

トレーダーらは長年、Binanceの優位性が仮想通貨市場の大きな弱点となっているのではないかと懸念しており、1年ほど前にFTXで起きたようなことが取引所に起こった場合、深刻な影響を受ける可能性があります。

2023年にSECが米国で未登録の証券取引所として運営されている疑いや投資家詐欺のその他の容疑でBinanceを告訴したとき、また米国司法省がBinanceに対して重罪を課すことを検討しているというニュースが流れたとき、こうした懸念はさらに深刻になりました。

Binanceはすべての告発を否定し、顧客の負債が予備資金によって十分に裏付けられていると常に主張しており、昨年FTXにとって死刑宣告となった「銀行取り付け騒ぎ」を回避しています。

BinanceとDoJの見出しに対する仮想通貨の反射的な売りは、このテーマに対する市場の不安定さを強調しています。

しかし、BinanceとDoJとの間で解決が近く達成されれば、これは肯定的と言えるでしょう。なぜなら、それは企業にとってより大きな確実性を意味するからであり、これが市場の迅速な回復を説明していると考えられます。