Coin Center、銀行秘密法を批判し、規制を要求

Yamada
| 2 min read

Coin Center、銀行秘密法を批判し

仮想通貨に関する研究を専門とする主要な非営利団体であるCoin Centerは、最新の報告書によると、銀行秘密法が「広すぎる」と主張しています。

“広範な権限と拡大解釈された用語に満ちている”


今月初めに発表されたこの報告書(適切なタイトルは「広範、曖昧、または委任:銀行秘密法の憲法上の欠陥」)は、1970年の銀行秘密法の適切性に異議を唱え、この政策は「広範囲にわたる権限と拡張的な条項に満ちている」と主張しています。

具体的には、Coin Centerは銀行秘密法が“金融機関”とは何かの定義が広すぎてあいまいであると論じています。

「銀行秘密法において、‘金融機関’には、26の異なる非常に具体的なサブカテゴリに分けられた425語の定義があります」と報告書には記載されています。

また、Coin Centerの報告書は、旅行代理店、投資銀行家、質屋、商業銀行など、そのように分類される多数の異なるサブエンティティを広くリストアップしています。

定義と解釈


報告書は、金融機関の定義に「資金移動業者」と呼ばれる広範なサブカテゴリーがあり、“認可を受けた送金者、または資金移動を事業として行うその他の者”とみなされると続けています

Coin Centerは、この定義の潜在的な解釈の不条理さを指摘し、ほぼすべてのビジネスが何らかの形で資金の送信を必要とするだろうと語っています。

そして、「明らかに、労働の対価として支払いを受け入れる人もこの定義に含まれる可能性があります」と報告書は述べています。

Coin Centerは、「この解釈の柔軟性は、法律における根本的なあいまいさであるか、あるいは意図的に広範な適用可能性を持つ法律の特徴である」と述べ、法律の精査を続けています。

規制と法整備


この非営利団体による最新の報告書は、仮想通貨業界を効果的に法制化し規制するために、上院と下院の両院でより幅広い議論が行われている中で発表されました。

しかし、政治的な違いのために、効果的なガバナンスへの道は迅速には実現しないかもしれません。

「アメリカ合衆国においては、立法の麻痺、行政の横暴、そして司法が状況をコントロールしようとしている」とPsalionのマネージングパートナーであり、Presearch.com, Inc.のCEOであるTim Enneking氏は述べています。「下院が分裂しているため、それが本当に近い将来変わるとは思えません」と彼は言っています。

それにもかかわらず、Coin Centerは現状を明らかにすることに尽力しています。

「要件を明確に発表しない法律や、それが適用される一般人に理解されない法律は、法の支配に反する」と報告書は述べています。