Bitget社、デジタル資産取引を再構築するポジショングリッドをリリース

Yamada
| 2 min read

Bitget社、デジタル資産取引を再構築するポジ

画像引用先:AdobeStock/Rafael Henrique

仮想通貨取引所のBitget社は、ユーザーが市場の変動を利用して活動を拡大するための取引ツールであるポジショングリッドの使用を開始しました。

最近のプレスリリースで、この取引所は全てのレベルのトレーダーを支援するため、特に低キャパシティのトレーダーが損失を最小限に抑える手助けとなる取引ツールの統合を発表しました。

ポジショングリッドとは、先物市場やスポット市場で利用されるボットのことで、システムで決められた価格範囲内で売買を自動化し、ユーザーに利益をもたらします。

Bitget社のマネージングディレクターであるGracy Chen氏は、異なる経験レベルのトレーダーを市場に紹介する際に、彼らを引き連れていく決意を示す動きであると述べました。

“ポジショングリッドの導入により、Bitget社は全レベルのトレーダーに向けた革新的なツールの提供へのコミットメントを再確認します。この機能は、取引経験を向上させる大きな一歩であり、暗号取引をアクセスしやすくするという私たちのビジョンと合致しており、誰もがより賢く取引する方法を提供します”

何年にもわたり、いくつかの研究論文が、ブロックチェーン技術と暗号取引の技術的な問題を、一部のユーザーの間で導入が遅れている理由として位置づけ、経営幹部がより多くの認識を持つきっかけとなってきました。また、複数の企業が投資家を守り、採用を促進するための広範な努力の一環として、取引を容易にするツールを立ち上げていることにも注目です。

声明によると、Bitget社のポジショングリッドは、現在および過去の価格に基づいてパラメータを賢く提案し、取引所での資産の柔軟な使用を提供しながら価格範囲を形成するとされています。

その範囲指定機能により、変動する強気相場に適していますが、弱気相場では損失が記録される可能性があると同社は警告し、ユーザーが市場の一歩先を行くように設計されていると付け加えています。

Bitget社、競争が激化する中でアップグレードを実行


声明によれば、新たな統合は、適切な取引ペアについて決断に迷っているユーザーの資産の質を向上させるとともに、十分な研究がない場合に一部のトレーダーの感情的な入場が見られる問題を取り除くとしています。

その他の利点としては、投資リスクと参入障壁の低さ、出金による損失を被ることなく高い流動性で投資サイクルを延長できることなどが強調されています。

同取引所は、ライバル取引所との厳しい競争の中、運営を拡大し、より多くのユーザーを獲得しようとしています。今年、市場のリーダーであるBinance社は、より広範な市場の低迷と規制上の課題により急落した数字を記録し、市場シェアは連続して急落しています。

Bitget社のウォレットが、インフレが増加する中でトルコの仮想通貨の採用が急増しているため、トルコ市場にも間もなく導入されると報じられています。

Bitget社はまた、ライセンスを取得する計画を断念して香港を離れることを決定し、12月13日に事業を閉鎖することを発表するなど、ここ最近困難に直面しています。