Bitcoin現物ETFの再度の拒否の可能性:BitGo CEO

Yamada
| 2 min read

Bitcoin現物ETFの再度の拒否の可能性

画像引用先:BitGo/Canva

市場の専門家の間で一般的な見解としては、Grayscale社のSECに対する重要な法的勝利を受けて、Bitcoin現物ETFの承認が目前に迫っていると考えられています。

しかし、BitGoのCEOであるMike Belshe氏は異なる見方をしています。

Bloomberg Cryptoのインタビューで自身の意見を明らかにしたBelshe氏は、米国証券取引委員会(SEC)が承認が始まる前に、いくつかの現物Bitcoin ETF申請を却下する可能性があると指摘しました。

BitGoのチーフは悲観的な見解の理由として、仮想通貨取引所と保管サービス提供者の間に明らかに明らかな分離がないことを説明しました。

同氏は、多くのETF申請者が保管パートナーとして選択しているCoinbaseの例を取り上げました。

BlackRockやValkyrieのような資産運用会社は、人気のある仮想通貨取引所をBitcoinの保管先として選んでいます。

Belshe氏によると、伝統的な金融市場では取引所と保管業者はしばしば分離されており、ほとんどの申請者がこの長年の市場慣行に従っていない事実は、彼らの努力が報われない結果を招く可能性があります。

そのため、SECは現物Bitcoin ETFの申請者に対して、意義ある前進を遂げる前に、取引所と保管サービスを分離することを要求するでしょう。

金融市場ではここ数ヶ月、Bitcoin現物ETFへの関心が高まり、BlackRock、Valkyrie、WisdomTree、Grayscale、Fidelity、Ark Investといった主要プレイヤーがSECから規制承認を求めています。

SECは市場操作と顧客保護に関する懸念を引き合いに出して躊躇していますが、金融市場のアナリストたちは、今後数週間で好ましい判決が出ることについて、より楽観的な見方を強めています。

BloombergのETFアナリストであるJames Seyffart氏によると、現物Bitcoin ETFの承認は2024年1月に承認される可能性が90%あるとされています。

BlackRock、現物Ethereum ETFのS-1フォームを提出


Bitcoinがスポットライトを浴びることが多い一方で、その拮抗相手であるEthereumのスマートコントラクトネットワークは、世界最大の資産運用会社であるBlackRockを含む大手資産運用会社からも注目を集めています。

SECに提出されたS-1フォームによると、BlackRock社は米国の当局に対し、投資家にEthereumのブロックチェーンにおけるネイティブ仮想通貨であるEtherの価格のパフォーマンスへのアクセスを提供する意向を通知しました。

iShares Ethereum Trustと呼ばれるこの信託を通じて、投資家は原資産を直接所有することなく、Ethereumの価格パフォーマンスを追跡することができるようになります。

これにより、最適な柔軟性が保たれ、デジタル資産の保管の必要性がなくなります。

保管パートナーについて話し合う中で、BlackRockは、Coinbase取引所が現物Bitcoin ETFの場合と同様にこの側面を処理すると強調しました。

BlackRockの正式な申請は、ETF承認プロセスの最初のステップです。

次の段階では、10兆ドルの資産を管理する同社が、19b-4ファイリングについてはSECの取引および市場部門から、S-1ファイリングやプロスペクタスについては企業財務部門からの承認を求めることになります。