バイナンス(Binance)へ上場が期待される仮想通貨一覧【2024年】

Hiro.O
Hiro.O | 監修: Shunsuke.S
| 1 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

2024年にバイナンス(Binance)に上場が期待されるコイン一覧

最大手仮想通貨取引所の最大手バイナンス(Binance)は、600種類以上の仮想通貨を取り扱っていますが、上場するプロジェクトを厳選していることでも知られています。これは、バイナンスが量より質を重視している証左です。

本記事では、2024年に投資を進めるうえでおすすめしたい、バイナンス(Binance)上場予定の暗号資産(仮想通貨)をランキング形式で紹介します。

バイナンス版の仮想通貨上場予定一覧をレビューし、仮想通貨市場へ与える影響や、1000倍仮想通貨へ成長する可能性について掘り下げます。プレセール情報やバイナンス上場スケジュール予想も掲載するため、見逃さないようにしてください。

バイナンス(Binance)上場予定の仮想通貨ランキング


はじめに、仮想通貨取引所バイナンス上場予定銘柄をランキング形式でまとめます。本ランキングは、日々仮想通貨(暗号資産)のニュースを扱っている当サイトCryptoNews Japanがリサーチした爆上げ仮想通貨リストを基に作成しています。

  1. Green Bitcoin(GBTC)– ビットコイン価格予測をゲーム化し、精度に基づいてユーザーに報酬を提供するトークン。プレセールの初日に約30万ドルを調達しました。
  2. Smog Token(SMOG)– ソラナチェーン上で展開される大量のエアドロップを予定しているバイナンス上場予定銘柄。SMOGトークノミクスによると、総供給量の35%をエアドロップの割り当てる予定。仮想通貨上場予定2024年の最注目コイン。
  3. Scotty the AISCOTTY)– AI技術をセキュリティに活用し、安全で透明性の高い取引を実現するバイナンス上場予定コイン。分散型の仕組みに則ったアプローチを採用し、SCOTTYトークン保有者の利益を最優先しています。
  4. Sponge V2(SPONGEV2)– 有名ミームコイン「SPONGE」の第2弾。ステーク・トゥ・ブリッジ機能とプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)を搭載。初代SPONGEトークン同様、バイナンス新規上場を狙っています。
  5. eTukTuk (TUK)– 仮想通貨上場予定一覧でも珍しい省エネ暗号資産プロジェクト。トゥクトゥクドライバーにエネルギー効率の良いEVトゥクトゥクと充電ステーションを提供し、発展途上国の交通事情に変革を起こそうとしています。
  6. Meme Kombat(MK)– バトルアリーナでのベッティングやステーキングAPY(年間収益率)400%を提供。プレセール終了後にバイナンス上場が検討されており、現時点で売上950万ドル超。
  7. Bitcoin Minetrix(BTCMTX)– トークンをステーキングする投資家にERC-20クラウドマイニングトークンを提供。高いステーキングAPY(年間収益率)を提供し、プレセールで450万ドル以上を調達。プレセール終了後、バイナンス上場が検討されています。
  8. Scorpion Casino(SCORP) – ゲームとカジノ体験の両方を提供し、バイナンス新規上場も噂される仮想通貨。ライセンスを取得した仮想通貨カジノプラットフォームとして有名です。
  9. Launchpad XYZ(LPX)– トークンを使用して割引料金を獲得し、NFT、トレーディング、プレセールへのアクセスが可能。プレセール売上250万ドルを達成し、仮想通貨上場予定一覧のトッププロスペクトに入っています。
  10. Stargate(STG) – 複数のブロックチェーン間にて資金移動することができるクロスチェーン対応のDeFiプロトコル。バイナンス上場を達成済み。

上記のランキング内には、日本のメディアでなかなか取り扱われないミームコインも含んでいます。このように、日本では知られてないですが海外では注目を集めている銘柄にこそ、チャンスが眠っています。ぜひ下記の個別レビューを参考にしつつ、投資判断の材料としてください。

バイナンス(Binance)上場予定銘柄ランキング


以下では、ランキングで紹介したバイナンス(Binance)の上場予定銘柄を個別レビューしていきます。各プロジェクトの詳細な情報を知ることで、仮想通貨投資で懸念されるリスクを軽減しましょう。

ランキングで紹介したおすすめ銘柄は、他の取引所への上場予定がある仮想通貨も多く含んでいます。

バイナンス上場予定の仮想通貨①:Smog Token

Smog Token(SMOG)は有力L1ブロックチェーンSolana(ソラナ)基盤の最新ミームコイン。すでに大幅な値上がりを記録しており、SMOG価格予想によると大型エアドロップへの期待からさらに高騰し、バイナンス上場の可能性も。そんなSMOGトークノミクスは、以下の通りです。

  • 供給量の50%:マーケティング活動
  • 供給量の35%:エアドロップ報酬
  • 供給量の10%:CEXローンチの確保
  • 供給量の5%:DEXのローンチのための流動性追加

バイナンス上場予定コインSMOGでは公平性のある仮想通貨ローンチを行っています。仮想通貨プレセールなしの公平な販売形態が採用されており、公式サイト以外でも購入可能。仮想通貨初心者の方でも、安心して購入することができます。

SMOGでは、ソラナ史上最大のエアドロップが期待されており、総供給量の35%が割り当てられています。バイナンス上場スケジュールなど具体的な情報はまだ公開されていませんが、一躍、仮想通貨上場予定一覧リストのトップ銘柄に名乗りを挙げています。

今後バイナンス新規上場を達成すれば、SMOGの将来価格はさらに上昇していくはずです。

エアドロップ獲得の手順も明確であるため、ぜひ公式サイトからトークンを購入し、資産を増やしてみてください。SMOGトークンが気になる方は、SMOGの購入方法を参考にしつつ、下記、公式サイトからチェックしてみましょう。

プレセール開始日 2024年2月8日
購入方法 ETH、USDT、クレジットカード
ブロックチェーン ソラナ、イーサリアム
最小購入金額 なし
最大購入金額 なし

バイナンス上場予定の仮想通貨②:Scotty the AI

Scotty the AI(SCOTTY/スコッティ)は、AI(人工知能)とブロックチェーン(分散型台帳)技術をセキュリティ強化に活用した、注目のバイナンス上場予定銘柄。スコットランド原産の犬種「スコティッシュ・テリア」をモチーフにしたミームキャラクター「Scotty」は、忠誠心と勇敢さを象徴しています。

同プロジェクトのチームは高い運営透明性を確保しており、コミュニティの意見を積極的に反映しているのも評価が高いです。分散型の仕組みに則ったアプローチを採用することで、SCOTTYトークン保有者への利益還元を約束しています。

総供給量17億3400万枚のうち、30%をプレセールで販売。徐々に価格が上昇する仕組みとなっており、早期購入者は利益を最大化できるでしょう。バイナンス上場予定であるにも拘らず、運営チームはSCOTTYトークンを保有せず、流動性を操作する予定もありません。

バイナンス上場スケジュールは未定せすが、SCOTTYの価格予測では上場後も長期的な上昇が示唆されています。SCOTTYプレセールは開始から約1ヶ月に売上80万ドルに達するなど、好調な滑り出しを見せています。

バイナンス上場予定銘柄のScotty the AIが気になる方は、ぜひScotty the AIの買い方を見ながら、早速購入してみましょう。

プレセール開始日 2024年1月
購入方法 ETH、USDT、クレカ
ブロックチェーン イーサリアム
投資可能最少額 1ドル
投資可能最大額 なし

バイナンス上場予定の仮想通貨③:Sponge V2

Sponge V2(SPONGEV2)は、2023年に100倍の成長率・市場価値1億ドル・バイナンス新規上場を達成したミームコインSponge V1(SPONGE)の後継プロジェクトです。

Sponge V2最大の特徴は、ステーク・トゥ・ブリッジモデルです。Sponge V1トークン保有者は、既存のトークンをステークすることで、新しいSponge V2トークンに移行できます。

さらにSponge V2は、4年間でAPY(年間収益率)最低40%のステーキング報酬を提供し、Sponge V2価格予想では、今後1年間で100倍の投資リターンになるという予測もあります。

Sponge V2は、バイナンス上場コインSponge V1の成功を踏襲し、Twitterで2万4000人以上のフォロワー、Telegramで約8000人のコミュニティを構築。仮想通貨上場予定一覧のなかでも特にバイナンスへ上場する可能性が高いと専らの評判です。バイナンス新規上場が実現すればSponge V2の価値はさらに高まるでしょう。

SPONGEV2トークンの総供給量は1500億で、大部分がステーキング報酬とプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のNFTゲームに充てられています。

今後、3万人以上のコミュニティ基盤を活用し、バイナンス上場予定コインとしてさらなる成長を遂げるでしょう。Sponge V2に投資するなら今がチャンスです。バイナンス上場を期待する方は、Sponge V2トークンの買い方を参考にし、下記からプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2023年12月
購入方法 USDT、ETH、クレジットカード
ブロックチェーン イーサリアム
最小購入金額 なし
最大購入金額 なし

バイナンス上場予定の仮想通貨④:Meme Kombat

Meme Kombat(MK)は、ミームとプレイ・トゥ・アーン(Play-to-Earn/P2E)のゲーム環境を融合した革新的なWeb3.0仮想通貨。仮想通貨上場予定一覧のなかでもバイナンスが特に注目しているトークンの一つで、バイナンス上場の可能性が高いと考えられています。

主な特徴として、以下の3点が挙げられます。

  • 資金調達の成功:ローンチ以来、約225万ドルを調達。
  • 高い年間利回り:トークン保有者は400%APY(年間収益率)でステーキングが可能。
  • 多様なゲームモード: プレイヤー対プレイヤー、プレイヤー対ゲームのモードを提供

Meme Kombatは、その革新性と市場での早期成功により、バイナンス上場の有力候補です。バイナンスに上場すれば、トークンへの信頼性と流動性はさらに向上するでしょう。また、投資家はステーキングとバトル報酬により、さらなる収益を得ることができます。

総供給量1億2000万のうち、50%がプレセール用に確保されており、早めに投資することが重要です。先駆者利益を得るためにもプレセールへの早期参加が推奨されます。仮想通貨市場に新たな波を起こす可能性を秘めています。バイナンスへの上場を期待する方は、下記リンク先からプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2023年10月3日
購入方法 USDT、ETH、BNB
ブロックチェーン イーサリアム
投資可能最少額 10ドル
投資可能最大額 なし

バイナンス上場予定の仮想通貨⑤:Bitcoin Minetrix

Bitcoin Minetrix(BTCMTX)は、クラウドマイニングをトークン化し、個人がビットコインマイニングで収益を得る仮想通貨プラットフォーム。プレセール開始後、バイナンス上場予定銘柄としてビットコイン長者のコミュニティからも熱い視線を浴びています。

Bitcoin Minetrixの目的は、クラウドマイニングの参入障壁を排除すること。トークン保有者は、ステーキングによりクラウドマイニングのクレジットを獲得できます。マイニングリグなど高額な機器購入などのコスト・手間なしに、手軽に仮想通貨マイニングに参加できる点が最大の魅力です。

Bitcoin Minetrixは、高いセキュリティ、ブロックチェーンによるマイニングプロセスの分散化により、バイナンス(Binance)上場予定が確定済みとも噂されています。仮想通貨プレセール売上は既に1100万ドルに達しており、仮想通貨上場予定一覧のなかでもトップレベルの売上を記録中です。

Bitcoin Minetrixは、最大130%のステーキングAPY(年間収益率)を提供します。ビットコインの価格予測にも連動するため、2024年は特に価格上昇が期待できるでしょう。バイナンス上場を期待する方は、Bitcoin Minetrixの買い方を参考にし、下記からプレセールに参加してみてください。

プレセール開始日 2023年9月24日
購入方法 ETH、USDTなど
ブロックチェーン イーサリアム他
投資可能最少額 10ドル
投資可能最大額 なし

バイナンス(Binance)上場の頻度や条件は?


都会的な雰囲気の場所にある電光掲示板。ローソク足などのデータが表示されており、人々が歩いている

バイナンス(Binance)は、歴史の浅いアルトコインを新規上場する取引所としてもよく知られています。しかし現在は審査条件も厳しくなり、上場の頻度も少なくなりました。過去6カ月でバイナンスに新規上場した仮想通貨は、わずか6プロジェクトです。

言い換えると、仮想通貨の億り人になれるレベルの高品質なプロジェクトのみを取り扱っていると言えるでしょう。

バイナンスのチャンポン・ジャオ前CEOによると、バイナンスは時価総額や知名度の低い通貨(いわゆる草コイン)を、たとえ400BTCあるいは4000BTCを支払われても上場させないとのことです。また、ETH、NEO、XRP、EOS、XMR、LTCなど多くの通貨は無料で上場されたと述べています。

重要なのは、上場にかかる費用ではなく、そのコインが上場するに足る質の高いプロジェクトであるかどうかということです。仮想通貨上場予定一覧のなかでも「バイナンスに上場するかどうか」という点は、仮想通貨の価値を図る指標の一つになるでしょう。

バイナンス(Binance)上場前に投資するべき理由


オフィス街の広場に佇む電光掲示板。何らかのデータと地球を模したと思われる金色の球体が表示されている。

上記で述べたように、バイナンス上場予定コインは厳しい上場審査を突破した、信頼に足るプロジェクトと言えます。仮想通貨上場予定を2024年に確約できる暗号通貨は、これまでと比較してさらに少なくなるでしょう。

一方で、この傾向は信頼できるおすすめ仮想通貨に投資できるチャンスでもあります。ここでは、バイナンス新規上場前に有望なプロジェクトで投資するべき理由を探ります。

上場前の発表があるから

バイナンス新規上場の仮想通貨に投資する最適なタイミングは、発表直後です。発表直後に、そのコインに対する注目度が一気に高まり、価格上昇の波に乗れます。

発表には、2種類あります。1つ目の発表は、プロジェクトがバイナンスの上場申請で承認されたタイミングです。通常はプロジェクトのTelegramグループや、X(旧Twitter)、Redditのソーシャルメディアを通じて発表されます。

しかし、この発表が本当のものとは限らないため、注意が必要です。2つ目の発表は、バイナンス公式の新規上場アラートです。不正なプロジェクトが誤った情報を流すこともあるため、公式発表を確認することが重要です。

メリット・デメリットはありますが、上場前の発表に注視していると、爆上がり前の仮想通貨に投資できる可能性が高まります。

多くの投資家がバイナンスで新しい仮想通貨を探すから

仮想通貨上場予定一覧から狙い目のプロジェクトを探す投資家の多くは、バイナンスに注目します。なぜなら、バイナンスで承認された新通貨は、市場に登場する前に価格が上昇することが多いためです。

投資家はサードパーティのプラットフォームを使い、バイナンス上場予定銘柄をいち早く探し、投資することを考えます。バイナンスに関する情報を収集し、ローンチ間近の仮想通貨に投資しておくことは、投資家としてよい戦略といえるでしょう。

最も大きい仮想通貨取引所だから

バイナンスは、取引量とユーザー数で世界最大の仮想通貨取引所です。強気市場では、バイナンスは一日に700億ドル以上の取引量を処理することもあります。そのバイナンスに上場されることは、仮想通貨プロジェクトにとって大きな権威性や信頼性につながります。上場されると、流動性が一気に高まることも重要です。

本記事で何度も述べたように、最近のバイナンスは簡単には上場申請を承認しなくなっています。今後、バイナンス上場スケジュールを発表する有力コインはバイナンス上場に伴い、さらなる価値を生むでしょう。

バイナンス(Binance)上場予定一覧コインのよくある質問


Q1:バイナンス上場前にお目当ての仮想通貨を入手する方法は?

バイナンスや他の取引所に上場する前に仮想通貨を手に入れる方法は、プロジェクトのプレセールに参加することです。

プレセールでの仮想通貨の購入方法を簡単にまとめると、以下の手順になります。

  1. ウォレットの準備 – MetaMaskなどの仮想通貨ウォレットを開設します。
  2. プレセール参加に必要なコインを購入 – イーサリアムなどのトークンを事前準備します。各プロジェクトで必要となる仮想通貨は異なるため、事前に調べておきましょう。各コインの買い方は、「ビットコインの買い方」「リップル(XRP)の買い方」などを参考にしてください。
  3. ウォレットをプレセールに接続 – プレセールの公式サイトにアクセスし、画面の指示に従って仮想通貨ウォレットを接続します。
  4. 仮想通貨を購入 – 交換したいトークンを選択し、取引金額を入力し、取引を完了します。

投資家は、プレセールが終了した後、トークンを受け取ることができます。

Q2:仮想通貨上場予定一覧の中でもバイナンスに上場しそうな仮想通貨は?

バイナンス新規上場が噂される最新コインとして、Smog Token、Sponge V2、Bitcoin Minetrix、Scotty the AI、eTukTuk、Meme Kombatなどがあります。その他にもおすすめのICO仮想通貨など今後注目するべき仮想通貨があります。全てチェックし、総合的な投資判断を下しましょう。

Q3:バイナンスで新興コインを購入できる?

バイナンスで新しいコインを購入できます。バイナンスに新しいコインが上場されると、世界中の人々がそのコインに投資できるようになります。しかし、バイナンスに上場される前にそのコインを購入すると、少し安く買える可能性があります。

注目すべきは、プレセールです。経験豊富な投資家がよく行う方法であり、リスクはありますが、大きなリターンも期待できます。

まとめ:バイナンス(Binance)上場予定銘柄に要注目


本記事では、2024年に注目すべきバイナンス上場予定コインを紹介しました。バイナンスは新規上場するプロジェクトを厳選していることから、上場が期待される銘柄は将来性のある仮想通貨ばかり。このような銘柄に投資するには、仮想通貨プレセールに注目しましょう。

2024年はメタバース仮想通貨、NFT、Web3.o銘柄など、仮想通貨マーケットが大いに盛り上がる年。比較的安全とされるビットコインだけでなく、今回紹介した銘柄にも早期投資しておくことで、この波に乗りつつ、大きな収益を得られる可能性があります。

しかし、投資にはリスクも伴うため、各プロジェクトの詳細を理解し、慎重な判断が必要です。本記事の情報を参考に、仮想通貨ポートフォリオを形成する際の一助としてください。また、いつでも見返せるように本記事をブックマークしておいてください。