国際取引所連合は規制への懸念が高まる中、仮想通貨サービス・プロバイダーへの勧告を発表

Yamada
| 2 min read

Adobr/ Luisa

国際取引所連合(WFE)は、ユーザー導入と規制への懸念が高まる中、デジタル資産分野への提言を発表しました。

9月28日のプレスリリースの中で、国際取引所連合は、一部の会員が従来の取引所と同様にデジタル資産を提供するブロックチェーン技術を採用する中、ユーザーの不安に対処するため、同業界と規制当局に対して6つの提言を行いました。

同団体は、当局はすべての利害関係者の利益のために、定められた基準を適用すべきであると説明しました。

「確立された信頼できる市場インフラを通じて実証された規制原則を適用することで、政府と規制当局は、投資家を保護し、秩序ある公正で透明な市場を確保しながら、仮想通貨取引セクターの成長を支援することができます。」

WFEによる6つの提言


その筆頭は、仮想通貨取引プラットフォーム(CTP)が顧客と対立する取引を行わないよう、市場インフラ機能を分離することです。

第二に、当局は、特に価格決定市場において、利用者を保護するために、より広範なリスクをチェックするシステムを構築するよう求められました。

デジタル資産ユーザーの記憶に新しい例は、アルゴリズムベースのステーブルコインTerraUSDとより広いTerraエコシステムの崩壊です。
その他の条件は以下の通りです。

「予想される業務上のストレス事象に対応するために十分な財務資源を保有すること、最良執行要件の遵守を促進すること、上場基準の堅牢性を高めること、適切なガバナンスと管理要件を有すること。」

2022年11月にFTXが陥落した後、ほとんどの中央集権型取引所は定期的にプルーフ・オブ・リザーブを発表し、ユーザーの資産が1対1で裏付けされ、窮地に陥った場合に保有できることを示していることは注目に値します。

同団体によると、仮想通貨取引所は、再発防止のために十分な規制を受けるまで、自らを取引所と名乗ってはいけません。また、あらゆるレベルで規制要件を開示しなければならないとしています。

取引所団体が仮想通貨に期待


WFEは仮想資産市場に楽観的な見方を示し、分散型金融(DeFi)は従来の金融商品に革新をもたらすだろうと付け加えました。

しかし、個人的に非中央集権的なプロジェクトの多くでは、この主張は真実ではない可能性があり、不正のリスクが広がる可能性があると述べています。

Nandini Sukumar氏は報告書についてコメントし、仮想通貨取引所が6つの勧告を採用する必要性を強調しました。

「取引所業界は、仮想通貨取引とデジタル資産の将来性を信じ続けており、すべての関係者とともに、これらの市場の成長と信頼を促進するために必要なレベルまで市場構造と基準を進化させるために取り組んでいます」と付け加えました。

仮想通貨の普及が進むにつれ、機関投資家の需要が急増しており、これは最新ETFやトークン化の推進に見られます。

Coalition Greenwichの最近のレポートによると、資産運用会社の48%がデジタル資産サービスを提供しており、その他にも将来的にこれらのサービスを採用する計画を持っている会社もあります。