CoinbaseのBrian Armstrong CEOはDCが気づかない仮想通貨投票ブロックの力を主張

Yamada
| 1 min read

Brian Armstong

出典:Getty Images

仮想通貨取引所CoinbaseのCEOであるBrian Armstongは、来る2024年の米国選挙における仮想通貨投票ブロックの力を強調しました。彼は、政治家がその重要性を十分に認識していないと考えています。

「DCの誰もが、仮想通貨投票ブロックがどれほど強力であるかを十分に理解しているとは思わない」とゴールドマン・サックスのコミュニティ&テック・カンファレンスで、ヤフー・ファイナンスのインタビューに答えました。

「そして2024年は、アメリカの有権者が候補者の足元を見て、仮想通貨に対するあなたの立場を問う選挙になると思います。」

仮想通貨セクターが世界的に適切な規制の欠如に直面している今、Armstrong氏は、裁判所、議会、CFTCを通じて米国で仮想通貨を規制する3つの方法を指摘しました。

同氏は、仮想通貨に関する規制は「世界全体ですでに起こっている」と述べました。イギリス、カナダ、ブラジル、オーストラリア、アラブ首長国連邦などの国々は、先進的な考えを持っています。

「G20加盟国の83%は、仮想通貨に関する法規制をすでに実施しているか、実施中である。」

さらに彼は、およそ5600万人のアメリカ人がビットコイン(BTC)やイーサ(ETH)などの仮想通貨を使ったことがあると言います。「一例として、電気自動車を持っている人の5倍です。そして私たちは有権者です」と彼は付け加えました。

同氏はまた、現在立候補している大統領候補を含め、米国の特定の政治家が仮想塚について話しており、このセクターに対する彼らのコメントは肯定的であると指摘しました。

仮想通貨に好意的な政治家たちは、この資産クラスをアメリカ国民が望んでいるものとは考えていないが「挑戦するチャンスだと考えています」。

「だから、2024年の大統領選では、このことが話題になる可能性があると思います。」

フラットコイン – ステーブルコインの次の世代


Armstrong氏はまた、同社が次に取り組んでいることについても語りました。同社は最近、ブロックチェーンのスケーリングを支援するレイヤー2ソリューションであるbaseを立ち上げ、現在デリバティブ・プラットフォームに多くの投資を行っています。

「私は国際的に、そしてアメリカでもそのことを述べた。だから、そのうちのいくつかについてはプッシュし続けるつもりだ。」

フラットコインは「地平線上にある新しいもの」だと彼は言いました。Coinbaseのいくつかのチームはすでにそれに取り組んでいますが、「まだその領域で何かを構築しているわけではない」と彼は述べました。Armstrong氏は、取引所がフラットコインに興味を持っていると断言しました。

「フラットコインについては、消費者物価指数(CPI)や購買力に連動した、ステーブルコインの次のイテレーションのようなものだ。」

フラットコインのアイデアは、長期にわたって購買力を維持するように、ステーブルコインを固定することです。これはすでに、Armstrong氏、元CoinbaseのCTOであるBalaji Srinivasan、イーサリアムのクリエイターであるVitalik Buterinを含む仮想通貨インフルエンサーたちによって、Twitter(X)上で議論されていました。