スポットETF承認後、ビットコイン先物ETFは崩壊するのか? プロシェアーズにインタビューを実施

Yamada
| 2 min read

スポットETF承認後、ビットコイン先物ETFは崩壊するの

画像引用先:Adobe Stock

ビットコイン(BTC)が11月に38,000ドルを超える急騰を見せる中、プロシェアーズ・ビットコイン・ストラテジーETF(BITO)は、運用資産残高(AUM)で史上最高を更新しました。

火曜日には、同ファンドのビットコイン先物契約額は過去最高となる14億7,000万ドルに到達。これは、月初の11億ドル、年初の5億4,400万ドルから増加しているということを示します。

プロシェアーズのグローバル投資ストラテジスト、シメオン・ハイマン氏はCryptoNewsのインタビューで「流入が非常に強い」「すべてが [BTC] 上昇だったわけではなく、非常に強い流入があった。」と述べました。

11月30日の時点で、BITOは年初から4億7,090万ドルの純流入を吸収しました。また、1日の取引高は平均1億6,000万ドルを記録し、米国ETF全体の上位5%に入っています。

11月は、2021年10月に米国で最初のビットコインETFとして発足した際のパフォーマンスを除き、同ファンドの最もパフォーマンスが良かった月の1つでした。わずか数週間後の11月10日には、BTC自体が過去最高の6万9,000ドルに達し、過去最高の運用資産14億4,000万ドルを記録しています。

皮肉なことに、BTCとBITOの優れたパフォーマンスは、主に機関投資家のビットコイン投資オプションの分野でBITOの理論上の競合相手である、米国のビットコインスポットETFに対する期待の高まりによってもたらされています。

金曜日の時点で、ブルームバーグのETFアナリストは、1月初旬にブラックロック、アーク、フィデリティなどの複数のETFが同時に承認されると予想しています。

BITOとは異なり、スポットETFは先物契約ではなく実際のBTCでそれぞれの株式を裏付けるため、より直接的な投資形式が可能になります。

ハイマン氏によると、BITOの投資家に対する年初来の総リターンは115%です。比較として、カナダのビットコインスポットETFであるパーパス・ビットコインCAD ETFの株価は今年127%上昇しており、BTC自体は133%上昇しています。

スポットETFが運用開始すると、BITOのパフォーマンスはどうなるのか?


多くの専門アナリストは、ビットコインスポットETFの承認により、先物ETFや上場マイナーなど、BTCに関連する競合企業から資本が吸い取られる可能性があると予測しています。

しかし、ハイマン氏はBITOがスポットベースのファンドに比べて、依然として重要な利点を複数備えており、それらと「上手に共存する」と信じています。

そして、「先物市場は規制された場所です」「証拠金を提出する必要があり、手形交換所があります…つまり、成熟した先物市場には一定の安全性があります。」と、同氏は説明しています。

比較として、スポット取引における世界最大のビットコイン取引所バイナンスは、米国のマネーロンダリング防止規則を遵守しなかったとして、先月43億ドルの罰金を科せられました。

一方で、この米国最大のビットコイン取引所は、CMEビットコイン先物市場よりも1日の取引量が依然として少ないですが、この市場は先物建玉総額においてバイナンスにほぼ追いついています。

「ビットコインの先物市場では、情報がスポット市場よりも早く価格に反映されるという学術的な証拠があります」とハイマン氏は付け加えました。同氏はこの理論を、デフォルト保険の一種であるクレジット・デフォルト・スワップが、企業の信用リスクの変化に関する情報を現物債券市場よりも速く反映するという、広く浸透している仮説になぞらえています。

ビットコインスポットETFの潜在的な市場インパクトについて質問された際には、ハイマン氏は投資ポートフォリオにおける仮想通貨の位置づけを、投資家が広く認識するほど「強力」にはならないと考えていると述べました。そして、彼は次のように語っています:

“他の資産クラスがジグザグに変動するときに、一方向に変動する資産クラスがあり、それが不安定である場合、従来の資産のポートフォリオに少し手を加えることで、ポートフォリオの効率を高めることが可能です…そして、私はより多くの人がそれをユースケースとして見ると思います。”