Poodl Inu(POODL)のプレセール売上が250万ドル突破|取引所上場時には50倍の成長見せる可能性も?

Naoki Saito
| 2 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

ミームトレンドに乗っかるPOODL

Poodl Inu(POODL)は、実用性を備えた革命的なミームコインとして注目され、プレセールで投資家から230万ドルを調達しています。

人気の理由は、特有のユーティリティを持っていること。柴犬コイン(SHIB)やドージコイン(DOGE)のようなミームコインの多くは、実用性が低いという問題を抱えています。一方で、Poodl Inuは、具体的な実用性を投資家に提供することで、ミームコインの常識を変えようとしています。

その根幹にあるユーティリティとして、ステーキング機能があります。POODLトークン保有者はコインを賭けて利回り収入を得ることができ、長期的なコミュニティ育成が可能です。これが、Poodl Inuと他コインとの差別化につながっています。

Poodl Inuのマーケティング戦略とトークノミクスも、業界の専門家から賞賛を集めています。

マーケティングにおいては、明確なロードマップを示すことでプロジェクトへの透明性や信頼性を高め、投資家が安心して資金を投じることができる戦略を取っています。

また、トークノミクスにおいては、トークン供給の大部分をステーキングと分散型取引所(DEX)の流動性に割り当てることで、プロジェクトの中長期的な成長を視野に入れています。

過去プレセールで成功を収めたプロジェクトの多くは、その後取引所上場時にさらなる熱狂を生み、価格が爆上げしています。

そのためPoodl Inuも、プレセール成功に向け、投資家の注目を集めて爆発的な価格成長を生むための誇大広告や宣伝を打っており強気な姿勢です。

その成果もあり、POODLプレセールが多くの投資家の注目を集めることができています。業界アナリストによると、さらなる熱狂を生むことができれば、各取引所に上場した際にトークン価格は50倍に成長する可能性高いと述べています。

Poodl Inuは、ユニークな実用性、堅牢なエコシステム、ミームコイン成長に欠かせない誇大宣伝により、仮想通貨の強気相場に乗る準備はできており、取引所上場時の需要拡大を促進する可能性があります。

大きなリターンを得たい投資家にとっては、現在開催中のプレセールでPOODLトークンを事前購入しておくことが賢明な判断と考えられるでしょう。

POODLプレセールに参加する


POODLトークン設計

Poodl Inuのプレセール参加は簡単です。以下3ステップを参考にしながら、POODLプレセールに参加しましょう。

  1. MetaMaskウォレット作成:まず、POODL受け取るためのMetaMaskウォレットを作成しましょう。公式サイトからブラウザ拡張機能をダウンロードし、手順に従ってウォレットを作成します。このとき作成される秘密鍵は、第三者に口外しないように注意してください。
  2. MetaMaskにETHを送金する:続いて、イーサリアム(ETH)をMetaMaskウォレットに送金していきましょう。送金先アドレスとしてMetaMaskのアドレスを取得し、仮想通貨取引所などから送金できます。
  3. POODL購入&ステーク:最後に、公式サイトからPOODLトークンの購入とステーキングができます。ETH、USDT、BNBおよびクレジットカード/デビットカードでトークン購入したのち、ステーキングができるようになります。プレセール終了後、購入したトークンとステーキング報酬を請求できます。

特有のユーティリティ、堅牢なエコシステム、誇大宣伝によって、50倍の成長を遂げる可能性を秘めたPOODLトークンのプレセールに参加して、いち早くゲットしましょう。