ソラナ系ミームコインへの熱狂止まらず、IBETは50%の高騰

Yamada
Yamada | 監修: Hiroshi O.
| 2 min read

ソラナの価格が上昇して喜ぶ男性

ソラナ系ミームコイン、特に動物をテーマとしたコインは、仮想通貨(暗号資産)投資家を魅了し続けています。

このような傾向は、新しい仮想通貨であるInsanityBets(IBET)が50%高騰して成功を収めたことによってさらに強まっており、ソラナ系ミームコインに対する熱狂はますます高まっています。

ソラナ系ミームコイン市場がトレンド入り


最新の動向として、ソラナのミームコイン市場は、MEW(cat in a dogs world)という新しく発売されたコインの素晴らしいパフォーマンスによって、さらに盛り上がっています。

CoinGeckoによると、MEWは市場の予測を上回る急成長を遂げ、取引開始からわずか2日間で120%以上も価格が高騰し、時価総額は5億1300万ドルにまで膨れ上がりました。

その後も勢いは止まらず、先週末には価格が0.008ドル台まで上昇し、時価総額は一時7億ドルを突破。

しかし、ソラナ・ネットワーク内のミームコインが発売直後に価格が高騰した例は、これが初めてではありません。

このようなトレンドは、仮想通貨コミュニティ内で熱狂と議論の両方を巻き起こしており、専門家たちはミームコインが急増することで、ユーティリティや戦略的なロードマップを持つ優秀なプロジェクトが目立たなくなってしまうことを懸念しています。

SLERFの上昇


話題となっている他のソラナ系ミームコインは、Slerf(SLERF)。

Slerfは、開発者がプレセールの際に投資家から集めた資金1000万ドルを誤って焼却してしまうという事件がニュースとなり、注目されました。

こうした事態にもかかわらず、SLERFはソラナのトップミームコインとしての地位を維持し、2億ドルを超える時価総額を誇っています。

見出しを飾り続けるWIF


Dogwifhat(WIF、ドッグウィフハット)は最近、Pepe(PEPE、ぺぺ)を抜いて時価総額別ミームコインランキングで3位に浮上し、大きなマイルストーンを達成したことで、様々なメディアで取り上げられています。

WIFの時価総額は一時42.5億ドルを超え、1週間で90%、1ヶ月で450%という驚異的な価格上昇を記録して話題になりました。

また、ソラナのネイティブ・トークンであるSOLも価格が高騰し、一時200ドルを突破してその強さを見せつけました。

一部のアナリストは、ビットコインの半減期後にSOLの価格が300ドルに達する可能性があるとしており、強気な見通しを発表しています。

ソラナ系ミームコインに対する人気の継続と爆発的な成長は、仮想通貨市場が多様化していることも表しており、こうした動きは仮想通貨コミュニティの革新的で遊び心に溢れた一面を強調するだけではなく、ミームコインから莫大な利益を得られるポテンシャルをアピールすることにも繋がっています。

IBETのプレセール開始を示す広告

そのような状況下で、仮想通貨のカジノ市場における革新的なアプローチで注目を浴びているInsanityBetsは、現在1トークンあたり0.0015ドル、時価総額は750万ドルとなっており、投資家へ魅力的な機会を提供しています。

そのユニークなモデルは、手数料の最大85%、利益の90%をトークン保有者に再分配し、$sIBETや、$bIBET、$ILP投資家の価値を高めています。

このシステムはベットに負けても報酬が支払われるため、投資家にとってもユーザーにとっても魅力的な機会を提供しており、1,000ドルの投資が大きなリターンに変わる可能性があります。

また、IBETが参入しているベッティング分野は、2,310億ドルという大規模な市場となっており、プロジェクトの今後の発展が期待されています。