スポットビットコインETF – ゲーリー・ゲンスラーは金融界のプーチンか?BlackRockとFidelityの承認が近づく

yamada
| 0 min read

スポットビットコインETFの遅延により、ニューヨークの著名な企業規制弁護士であり、 Hofstraロー・スクールの法学特別教授は、仮想通貨に対するGary Genslerの態度について「プーチンを少し思い出させる」と述べています。

米国証券取引委員会(SEC)のGary Gensler委員長は、仮想通貨コミュニティと定期的に適切な指導を行うのではなく、一方的に執行力を行使する権威主義的な規制当局であると非難されています。

ニューヨークを拠点とする法律事務所Shipkevich PLLCの創設者兼代表であるFelix Shipkevich氏は、Cryptonewsに提供した独占コメントの中で、Grayscale対SECのケースにおけるコロンビア地区控訴裁判所の裁判官の判決は、仮想通貨にとって過去最大の法的勝利であると考えていると述べました。

SECが上訴する可能性は低いとShipkevich氏は主張しています。Shipkevich氏は、SECがビットコインスポットETFの商品化を許可する可能性が高くなったと考えています。しかし、おそらく当初はBlackRockとFidelityのみでしょう。

一方、木曜日に発表された、証券取引委員会(SEC)に7つの申請すべてがさらに45日間延期されるというニュースは、オブザーバーたちを困惑させています。

すべての遅延通知はSECサイトの国内証券取引所のセクションに掲載されましたが、BlackRockのiShares Bitcoin Trustの遅延通知は他の通知とは別に、サイトの別のセクションに掲載されました。

SECのGary Gensler氏に打撃:「これまでで最も重要で仮想通貨業界に有利な決定」


3人の裁判官は、クローズドエンド型信託であるGrayscale Bitcoin Trustを、投資家が保有株式を換金できるオープンエンド型ETFに転換する要求を拒否したGrayscale に対するSECの行動を、「恣意的」で「気まぐれ」に行動していると評しました。

「この事件はSECとGary Genslerに大きな打撃を与えた。これは、私の専門的な意見では、間違いなく仮想通貨業界に有利な最も重要な判決だと言える。」

「恣意的かつ気まぐれというのは非常に強い言葉だと考えています。控訴裁判所は通常、このような言葉は使いません。」

「率直に言って、SECがこの決定を不服としたなら、私は驚くだろう。」

「この判決の書き方では、上訴は法律の問題として行われることになっています。Grayscale社は、法の問題として、製品に関係なく、異なる申請者間で公平でなければならないプロセスがある。」

「拒否するのであれば、その理由を示さなければならない。というのも、法律上、これとまったく同じ商品がCMEの先物に採用されたからです。」

「SECは2つのビットコイン先物ファンドを受け入れている。SECがどのような理由で上訴できるのかわからない。」

実際、Gensler氏の気質とその手口は、CFTCの委員長を務めていたときから示されており、BlackRock Spot Bitcoin ETFはその可能性があります。

JPモルガンが最近発表した顧客向けメモによれば、ビットコインのETFが承認されることは避けられないでしょう。

「私がGary Genslerなら、Grayscaleに駆け寄ってこう言うつもりはない。スタートが悪かった。この最後のETPを承認するためにどうしたらいいか考えてみよう。それは恥ずかしいことだろう?裁判所が恣意的、気まぐれといった言葉を使い、非常に強い感情を示したからといって、私が謝罪することはないだろう。」

Shipkevich氏はその例を挙げています。

「もしあなたが航空会社の乗客で、裁判官のところに行き、ブリティッシュ・エアウェイズに不当な扱いを受けた、ロンドンからJFK空港へのフライトで飛行機への搭乗を拒否された、と言ったとする。その飛行機への搭乗を拒否したその決定は、恣意的かつ気まぐれなものであった。私は、ブリティッシュ・エアウェイズがただちにあなたに謝罪し、おそらくそれに続いて、あなたが世界中を旅行できるクーポン券を発行することを保証する。」

Shipkevich氏は続けます: 「SECはそんなことはしない。Gary Genslerはプーチンを少し思い出させる。彼に逆らえば、彼はそれを忘れないだろう……”」

Gensler氏がBlackRockとFidelityのスポットビットコインETFを承認する可能性が高くなった


「Gary Gansler氏のエゴが少し爆発した。では、次はどうなるのか?この次の45日間の遅延の後、Gary Gansler氏はすべての申請書の処理を始めるかもしれない。しかし、Gary Gansler氏の頭の中を考えてみると、彼がそんなことをするとは思えない。可能性が高いのは、最初の申請が伝統的な銀行に行くことを許可するかもしれないということだ。」

しかし、ウォール街の巨大企業とSECのような政府機関との癒着が疑われていることを肯定するようなことは、問題にならないのだろうか?Grayscaleを踏み越え、BlackRockに直行するのは物議を醸すのではないか?

Shipkevich氏は、Gensler氏は過去の実績を考えれば、そのような認識について少しも心配することはないだろうと考えています。

「彼はCFTC委員長として、大企業に不当に有利なドッド・フランク法後のCFTC法規の一部で、すでに多くの中小金融機関を破壊した。ドッド・フランク法(銀行規制と消費者保護を強化するために2010年に制定された法律の枠組み)は、2008年の金融危機とは無関係の銀行や信用組合のような何万もの中小金融機関を破壊したと私は考えている。」

「そして、その過程で、大手銀行をさらに大きくし、中小銀行は、大手銀行にとっては容易であった不当に厳しいコンプライアンス要件を遵守することができなかった。」

「彼は、ゴールドマン・サックスや他の大銀行をさらに大きくした第一の責任者だと私は思っている。大銀行はすべて、大金融危機後、十分な自己資本を持っていたが、とにかく政府から多額の資金を得た。その結果、市場全体のシェアが高まり、彼らは報われたのだ。しかし、米国にある中小の銀行や信用組合は潰されてしまっている。」

「小さな銀行や信用組合が小さくなったのは、とんでもなく厳しく不合理な規制やコンプライアンス要件に対応できなかったからだ。」

「その後、彼はSECに移った。SECでの彼の主な目的を見ると、仮想通貨市場に反対する態度を、再現することだろう。」
それでもShipkevich氏は、仮想通貨は純粋に投機的な資産であり、ペテン師を惹きつけるものだと考えているため、切望されている仮想通貨規制を支持しています。

「しかし、規制が必要なことには同意するし、その理由も理解している。詐欺が多いからね。」

「Grayscaleは、数十億ドル相当のビットコイン発行残高の4%を所有していると思います。何年も存続している資本力のある会社です。」

「まあ、100年も前から存在しているわけではないかもしれないが、10年以上前から存在している。Grayscaleが大きな問題を抱えているという話は聞いたことがない。」

安全第一ならば、BlackRockやFidelityのような大手銀行を利用することだ


Shipkevich氏の考えでは、BlackRockとFidelityはSECにとって安全策であり、何か問題が起きても「私たちはそう言った」と言うことができます。

「個人的な意見だが、この判決はBlackRockとFidelityに道を開いただけだ」とShipkevich氏は繰り返します。

「両者とも、かなり以前から申請を受けていた。もし私が証券取引委員会で、何十年も、時には何世紀も続いている伝統的な銀行や機関銀行ではない組織を認可し、数年前からある誰かに最初の認可を与えたとしたら、私の評判を気にせずにそうする可能性がある。」

「Grayscale対SECの判決は、BlackRockとFidelityの承認プロセスを早めた。そうすれば、申請書を 『恣意的に』あるいは『気まぐれに』扱っているとは誰も言えなくなる。」

だからといって、申請のほとんどを認めるという選択肢を取らないかもしれない、とShipkevich氏は言います。

「私はここで立体的なチェスをしているに過ぎないが、SECは、今は多くの申請を許可して、誰が最初にしくじるか見てみよう と言うことができる。そうすれば、われわれが最も得意とする、取締りを強化することができる。」

Grayscaleの勝利後、仮想通貨市場はすべての利益を取り戻しましたが、市場参加者は状況を読み違えないように注意すべきです。

スポットビットコインETFの承認は間近ではないかもしれないが、必然かもしれない。

Felix Shipkevich氏はShipkevich PLLCの創設者であり代表弁護士です。また、母校であるHofstra大学のMaurice A. Deane法科大学院の特別教授でもあります。現在、仮想通貨のビジネスと政策、企業金融法に関する人気講座を教えています。

近刊の法律教科書のタイトル:Digital Coins and Cryptocurrencies Law and Regulation