元BinanceのCEO、Changpeng Zhao氏は有罪答弁にもかかわらず、依然として150億ドルの価値を持つ:Forbesのレポート

Yamada
| 2 min read

元BinanceのCEO、Changpeng Zhao氏は有罪答弁にもかかわらず

画像引用先:X/@cz_binance

Binanceの元CEOで、通称CZとして知られるChangpeng Zhao氏は、最近連邦マネーロンダリング容疑で有罪を認めたにもかかわらず、依然として150億ドルの資産価値があるとされています。

火曜日、この仮想通貨のボスは、仮想通貨市場の優位性を追求する過程で米国の規制に違反し、制裁法の回避を行ったことを認めました。

しかし、この有罪答弁にも関わらず、CZ氏はBinance社の過半数の株を保持しており、これにより彼は世界で最も裕福な有罪判決を受けた犯罪者の一人であり、間違いなく仮想通貨業界で一番に裕福な人物であるとして位置づけています。

Forbesによると、CZ氏のBinance社に対する約90%の株は、彼の富の大部分を構成しており、現在約150億ドルの価値があると見積もられています。

さらにこの数字は、4月にForbesの2023年世界長者番付で報告された105億ドルから増加しています。

Binanceは昨年、30億ドルの収益を計上


Forbesの分析によると、過去1年間でBinanceは、CoinGeckoが追跡した取引所のスポットおよびデリバティブ取引量から、30億ドルを超える収益を生み出しました。

これについて、仮想通貨市場の復活が、Binanceの評価に貢献しています。

業界のパフォーマンスを示す重要な指標であるビットコインは、FTX崩壊後の仮想通貨市場の回復を受けて、今年の価値が2倍以上に上昇し、3万6,500ドルに達しました。

また、Binanceの競合他社であるCoinbaseの株式は、年初から3倍に上昇しました。

さらに、主要な仮想通貨を合わせると、2023年の市場価値は6,000億ドル増加しています。

それにもかかわらず、Binanceは現在、独立したコンプライアンス監視機関がその運営を3年間監視し、調査結果を米国政府に報告するというはっきりとした現実に直面しています。

これらの制約は、Binanceの収益に影響を及ぼし、世界をリードする仮想通貨取引所としての地位を危うくする可能性があります。

そして、Binanceが市場シェアを維持できるかどうかは、CZ氏の財産に大きな影響を与えるでしょう。

10月には、Binanceがスポット取引の32%とデリバティブ取引の50%を仲介したと、CCDataが報告しています。 しかし、スポット市場における同社のシェアは、8ヶ月連続で着実に減少しています。

司法取引、Binanceが顧客の信頼を取り戻すことに役立つ可能性


最近の司法取引により、Binanceを取り巻く不確実性の一部が軽減され、同社の法的状況を懸念していた人々が再び戻ってくる可能性があることは注目に値します。

「検察官による懸念を抱いていた人々は[Binance]をすでに去っています。今日の発表は彼らが戻ってくることをいくらか安心させるものです」と、Oppenheimer & Co.の仮想通貨および金融取引アナリストであるOwen Lau氏は、Forbesに語りました。

「私にとって、これはBinanceに何らかのプラスの影響を与える可能性があります。 Binanceが廃業になるというかなりのデメリットはまだ発生していません。 彼らはまだ運営を続けています。」

報道されているように、Binanceの新しいCEOのRichard Teng氏は、米司法省から科せられた43億ドルの罰金をBinanceが支払う能力があることをほのめかしました。

Changpeng Zhao氏が退任した後、火曜日にBinanceのCEOに指名されたTeng氏は、X(旧Twitter)への最近の投稿で、取引所は財務的に良好な状態にあると述べました。

この声明は、Coinbaseの事業開発ディレクターであるConnor Lango氏の投稿への返信として出されたもので、Binanceは「仮想通貨資産の売却がゼロでも、司法省の罰金43億ドルを全額支払う」ことができる可能性が高いと語っています。