10 8月 2021 · 0 min read

ウクライナは間接的な暗号支払いを認めるかもしれない、交換所を規制する予定

ウクライナでは、国民が暗号資産で「財産を守る」ことができるようになる可能性があると、ある大臣が主張しています。しかし、暗号を利用した直接の支払いは阻止し、「国際的な」ガイドラインに沿って交換を規制する方針です。

出典: iStock/Harvepino

デジタル・トランスフォーメーション省のオレクサンドル・ボルニャコフ副大臣は、Minfinとのインタビューで、2020年12月に国内議会で第一読会が承認された「仮想資産について」と名付けられた法案について、政府の計画を語りました。同法案は現在、第二読会に向けて更新・修正されています。

Bornyakov氏は、第2回目の読み合わせの準備を進めているとしながらも、この法律では、暗号による支払いを直接許可することはないだろうが、それでも、暗号取引プラットフォームをお役所仕事で窒息させることなく、取引所を合法化し、投資家を保護することを目指していることを示唆しました。

と述べています、

「この分野では法律による規制があるため、(暗号投資家は)少なくとも仮想資産の財産を保護することができるようになります。また、合法的に暗号資産を交換し、その取引を申告することができるようになります。このプロセスは完全に公明正大なものとなるでしょう」と述べています。

ボルニャコフは、人々が暗号資産を使って商品やサービスの代金を支払うことができる「仲介サービスの市場」が拡大することを「期待している」と付け加えました。しかし、この法案は「暗号通貨が支払い手段ではないことを明記する」としているものの、間接的な暗号支払いの取り組みを阻止する動きにはなりません。

と説明しています。

"現在、ウクライナの法律でも、市民や企業が米ドルで支払うことはできませんが、米ドルカードを使って安全に買い物の支払いができます。 このようなカードで)支払いをすると、リアルタイムで通貨変換が行われます」。

副大臣は、法案の条件は「企業がそのような移行のためのサービスを提供できることを前提としている」と述べ、「仲介者を介して」行う限り、「暗号通貨での支払いは法的にかなり可能になる」としています。

ボルニャコフはさらに、「仮想資産との取引はVATの対象にならないことを明確にしたい」と述べ、これも暗号投資家にとってのメリットになる可能性があるとした。Bornyakov氏は、暗号資産を含む取引からの収入に対する税金について話し合いが進行中であり、「わずか5%」の税率が浮上していると述べました。この数字は、現在の資産販売に対する19.5%の課税よりもはるかに低いと述べています。

ただし、この種の提案は、財務省と国会の税制委員会との間で「まだ議論中」であると述べています。

また、暗号化取引所に関するニュースもあり、同氏は "ウクライナで営業するには許可を得る必要がある "と主張しました。しかし、ボルニャコフ氏は、運営の「ライセンス」は必要ないが、「許可」は必要だと主張した。この許可証の取得は「より簡単」だという。

同副大臣は、「国際的な要件」とは、取引プラットフォームにアンチマネーロンダリングプロトコルを導入することを意味するだろうと説明した。

同副大臣は次のように述べています。:

「この点については、国際的な勧告に従わなければなりません。しかし、それが過剰であったり、不当であったりするとは言えません。 もし(その部門が)国際基準を遵守していなければ、暗号通貨がマネーロンダリングに利用される可能性が高くなります。"

ボルニャコフはまた、「許可を与える際には、規制当局は会社の設立や授権資本に関する書類をチェックするだろう」と述べ、ウクライナ人にサービスを提供している海外のプラットフォームも最終的には整える必要があるが、そのようなプロセスは一夜にして行われるものではないとした。

と述べている。:

「市場規制の第一段階では、すべての暗号化取引所がウクライナ人にサービスを提供しているかどうかを確認することはできません。そのため、企業自身が責任を持って許可を取得する必要があります。我々としては、法改正や許可取得の必要性について(プラットフォームに)警告するために可能な限りの努力をするつもりです。 いずれは、グローバルな規制機関主導で、(暗号関連の)情報交換を目的とした共同作業が行われるようになるかもしれません」。

____

もっと詳しく:
- 暗号の規制を急げ、ウクライナ中央銀行に要請
- 暗号を合法化せよ」とウクライナのサイバー犯罪担当者を激励

- ウクライナ財務大臣、Cryptoは「有望」と発言
-ウクライナの国会議員は、Cryptoの保有状況を開示しない人を刑務所に入れたいと考えている