19 9月 2022 · 0 min read

英国金融規制当局がFTX暗号取引所に対して警告を発出

英国の金融行動監視機構(FCA)は、FTX暗号取引所といかなる取引も行わないよう、消費者に警告を発しました。

9月16日に最初に出された声明の中で、FCAは、「この会社は私たちによって認可されておらず、英国内の人々をターゲットにしています。」と述べています。

規制当局は、英国でビジネスを勧誘する未認可の会社について、消費者に警告を時々発します。FCAは今年初め、バイナンスに対してそのような警告を発しました。

FTXはSam Bankman-Friedが設立した急成長中の取引所です。しかし、FCAは、同社が英国で事業を行う認可を受けていないとしている。「我々は、この会社が我々の認可なしに英国で金融サービスや商品を提供している可能性があると考えています。この無許可業者との取引に注意すべき理由と、自衛策をご覧ください。」

当局は暗号資産に対する取り締まりを強化

この最新の動きは、世界中の金融当局が暗号資産に対してより厳しくなっていることを示すもう一つのサインです。

英国で活動するクリプト企業は、マネーロンダリング防止規則に基づいてFCAに登録することが義務付けられています。

FTXは最近、キプロスの金融当局からEUでの運用を許可するライセンスを取得しました。

FCAはFTXに関する警告の中で、FTXの事業失敗により損失を被った個人は、金融オンブズマンサービスや金融サービス補償制度に補償を請求できないことを明確にしています。

FTXはバハマで登録されています。2019年の設立以来、急速に成長し、100億ドルを超える1日の取引量を回す、最大の暗号資産取引所の1つとなっています。

FTXは、米国当局に準拠した方法で米国市場に対応するために、別個のエンティティであるFTX.USを作成しました。この動きは、同じく米国で独立した事業を行っているライバルのバイナンスの行動を模倣したものです。