07 7月 2021 · 0 min read

韓国の政治家。北は2019年以降、3億1000万米ドルの暗号を盗んだ

韓国の野党幹部が、北からのハッカーが韓国の暗号ウォレットを襲撃し、過去2年間で約3億1,000万米ドルに上ると主張しました。

出典: iStock/stuartmiles99

朝鮮日報によると、保守新党の前代表で、現在は主要野党「人民力党」の国会議員であるハ・テグン氏は、来年の大統領選挙への立候補を目指しているという

彼は、2019年に国連が確認した35件のハッキング事件(それによって20億米ドルが北朝鮮のサイバー犯罪者によって強奪されたとされる(北朝鮮は否定している))に加えて、それからの2年間で、平壌に支援されたハッカーが韓国のウォレットからさらに3億1000万米ドル相当のトークンを持ち去ったという証拠を見たとハ氏は主張しています。

さらにHa氏は、北朝鮮のハッカーが、サイバー犯罪対策を行う政府の情報機関であるKorea Internet & Security Agency(KISA)への攻撃にも成功したと付け加えました。

ソウル在住のITセキュリティ専門家であるジーナ・キム氏は、Cryptonews.comに次のように語っています:

"かつて、暗号取引所は、セキュリティ対策が甘く、ホットウォレットにお金が転がっているような低空飛行の果物と見られていたのは事実ですが、ここ2、3年でその多くが変わりました。一部の取引所では、非常に優れたセキュリティ対策が施され、よく訓練されたスタッフがいます。そのため、ほとんどの攻撃者は、洗練されたスピアフィッシングやボイスフィッシング、あるいはソーシャルエンジニアリングによる攻撃で、お客様自身を狙うようになりました。これらの攻撃者が北朝鮮から来ているかどうかは分かりませんが、主に韓国語を話す人たちであることは確かです。"

Ha氏は、もし自分が当選したら、KISAをハッカーにとってより手ごわい相手に変えるだろうと主張しました。また、KISAを統合して、大統領府に直属するようにすべきだと述べました。

さらに、「国民の財布」から「数百万米ドル」相当の暗号が盗まれているのに、政府はほとんど反撃していないと述べました。Ha氏は、このような事件は韓国の国際的な評判を落とすものだと主張し、こう締めくくっています。"私は、大韓民国をハッキングを含むサイバー犯罪の脅威から守り、最も安全な国にします。"
_____
もっと詳しく: 
- 北朝鮮の暗号ハッカー、今度はロシアの防衛企業を標的に 
-「北朝鮮」のハッカーが暗号取引所を標的に、ワード文書でウイルスを拡散

- 北朝鮮の盗まれたビットコインの略奪の動きは「氷山の一角」である
-専門家の話 米国がハッキングを主張した後、北朝鮮の「技術はスケールアップした」と主張