韓国の破産裁判所、暗号関連事件の急増を警告

Tim Alper
| 1 min read
Source: AdobeStock / Patrick Ryan

韓国の裁判所は、暗号関連の破産の波に備え、暗号投資で失敗した個人を含むケースに対処するのに役立つ「作業ルール」を作成しました。

Newsisによると、ソウル破産裁判所は、不調な暗号投資家と苦境にある債権者からなる「ドミノ効果」を警告しています。そして、これらのドミノは倒れ始めており、今年の後半にはより多くのケースが法廷に持ち込まれる見込みであると裁判所は付け加えました。

裁判所は、次のように発表しています。

“暗号通貨などの分野での投資の失敗による、20代、30代の若者の負債への負担は、日に日に増しています。個人の破産申請も増加している。”

また、暗号投資家に投資資金としてフィアットを貸していた多くの債権者も、今後数ヶ月の間にトークントレーダーに続いて破産法廷に入る可能性が高いと付け加えました。

裁判所は、投資関連のケースで個人に対処するための新しいタスクフォースを立ち上げ、この来るべき破産の波のための基盤を既に築いたと述べました。また、株式投資関連の倒産も増えてきたということです。

タスクフォースは、暗号と株式市場投資関連のケースについて、一時的な「ワーキングルール」を導入したと述べている。従来の韓国の倒産事例では、資産購入時に将来予想される価値を予測して投資価値を算出することが多いため、暗号や株式投資関連の倒産事例が発生する可能性があります。

そのため、個人が投資で発生した損失よりも「債務者が返済しなければならない総額の方が高いという論理に拘束される」ケースがあると、対策本部は説明しています。

新ルールの「主な目的」は、裁判所が行う破産関連の計算に、株式や暗号の投資における損失を含めないことだと、同メディアは説明しています。

しかし、裁判所は、この「作業ルール」は、個人が暗号投資の詳細を隠そうとしたケースでは適用されないと付け加えました。

このルールは7月1日に施行されると、裁判所は結論付けています。

____

詳細はこちら 


Neobank K-Bank May Have to Postpone IPO Plan as Crypto Winter Bites
Crypto Exchange That Hosted a Scammer’s Wallet Is ‘Not Liable’ For Victim’s Losses, Court Rules

SIM Swaps, Other Crypto-related Crimes Set to Rise in South Korea, Says SK
South Korean Court Exonerates Bitcoiner Who Received BTC 200 by Mistake

Don’t Fear the Reaper: Why the Market Downtrend Is Good for Crypto
Bitcoin Lifeboat, Long Recovery Road, & Exaggerated BTC Deaths: Saylor, CZ, and Professor Weigh In