ソラナ系ミームコインDogWifCat(DWIFC)、24時間で2367%高騰

Shunsuke S.
Shunsuke S. | 監修: Yamada
| 2 min read
免責事項:暗号資産は高リスクな投資商品です。CryptoNews Japan(本サイト)は情報提供のみを目的とし、本サイトへのアクセスを以て利用規約に同意したものと見なされます。なお、本サイトはアフィリエイト広告を採用しています。

DogWifCatトップページ画像

最新のSolanaミームコインDogWifCat(DWIFC)は20日(水)17:00(世界標準時)にローンチしました。買いが加速した結果、$0.01021まで急騰。初動24時間の上昇率は2367%に達しました。

ビットコインが史上最高値を更新したことはさておき、仮想通貨市場ではいま、レイヤー1ネットワークSolana(ソラナ)が躍進しています。まずBONKがあり、次にDogwifhatがあり、最近ではSmog Token(SMOG)、BOME、SLERFなどがあります。

ミームコインはソラナチェーンの堅牢性と実用性を実証しています。そして今回新たに登場したのが、DogWifCatです。

現在、DogWifCatの時価総額は1007万ドルに達し、昨日の取引開始からの取引高は700万ドルでした。流動性は現在431万ドルで、大規模な取引を促進するための十分な供給があることを意味しています。

DogWifCatトークンのアドレスはwifhHP4nsNmhXJx9Rrq9NFiYShUTFAreM5LKHso5qXKです。オンチェーン分析ツールDexToolsによると、DogWifCatトークン所有者は、あっという間に1390人に達しています。

クジラはBONK、MYRO、BOME、SLERFからDWIFCに資金移動か


DogWifCat(DWIFC)は、ソラナ基盤の分散型取引所Jupiter(ジュピター) または Raydium(レイディウム)で購入できます。同取引所で、ソラナ(SOL)または同チェーンのトークンと交換することで入手できます。

大口投資家(クジラ)は現在、BONK、MYRO、BOME、SLERFなどの他のソラナ系トークンを利確売りして、DogWifCatに資金の一部を注入する動きが見られます。DogWifCatのウェブサイトでは、以下のようなキャッチコピーを掲げています。

 Much coin, such meme, add cat. DogWifCat = so investment.

別の言い方をすれば、この犬と猫のマッシュアップで、大儲けできる可能性があるということです。もちろん、どのミームコインも目が飛び出るような投資収益率(ROI)をもたらすのか、見極めるのは困難を極めます。

内部関係者によれば、一部のクジラがDogWifCatへの投資を始めているようです。DogWifCatテレグラム・チャンネルでは、とあるクジラが10万2000ドル分のDogWifCatトークンを購入したようです。

クジラの一人が10万2000ドルを購入しているのが分かるDogWifCatテレグラム・チャンネルのスクリーンショット
DogWifCat公式テレグラム

DogWifCat(DWIFC)には、「単に猫がくっついた犬、あるいはその逆」である以上の意味は、何もありません。しかし、この正反対でありながら単純な一体感こそが、DogWifCatを次に来るミームコインに押し上げるでしょう。

DWIFC / USDのチャートと、犬と猫のイラスト

DogWifCat(DWIFC)は次なるBOMEか、あるいはSLERFか?


巧妙なネーミングとミームを打ち出しているDogWifCat(DWIFC)が、BOMEやSLERFのように、仮想通貨ブルランに波乗りして大成功する可能性は十分にあります。ミームコインが市場を魅了し続ける中、取引価格がどこまで上がるか、要注目です。

例えば、過去に出たミームコインSLERFは、プレセール段階からの驚異的なパフォーマンスを続けていました。同コインの取引量は、今週初めに27億ドルを記録し、イーサリアムのエコシステム全体の取引量を上回りました。

ソラナ(SOL)は昨年、FTX取引所の創設者であるサム・バンクマン・フリードに関連する企業から投資を集めたことから、「サムコイン」として知られるようになりました。しかし、事態は少しずつ変わってきています。

SLERF / USDのチャート

SLERFの取引価格は、開発者を取り巻く不確実性を背景に、少しずつ落ち着きを見せています。価格は過去24時間で12%下落していますが、18日のローンチ以来、3517%上昇しています。

SLERFの価格は一息ついているだけなのでしょうが、ちょうど良いタイミングで登場したのがDogWifCat(DWIFC)です。ソラナで有名なミームコインと言えばBOMEですが、ローンチ直後に高値を付けた後、価格は下降しています。

しかしDogWifCatは全く対照的で、価格は上昇を続け、その勢いは衰える気配がありません。DogWifCatは「ただの犬と猫」かもしれませんが、今買うべき仮想通貨のおすすめ銘柄となっています。強気相場は始まったばかりで、ミームコインはその先陣を切っています。

ミームコイン、特にソラナ系のコインは今後も大いに注目されます。手っ取り早く儲けたい方は、ひとまずさくっとDWIFCを購入するのも良いかもしれません。X/TwitterとTelegramで最新情報を追いつつ、実際に購入してみましょう。