06 10月 2021 · 0 min read

Sino-GlobalとHighsharp、ビットコインマイニング業界にThorを投入

Source: Adobe/artiemedvedev

Sino-Global Shipping America, Ltd.は、Highsharp社とビットコイン(BTC)マイニングマシンのジョイントベンチャーに参入し、「Thor」と呼ばれるマイニングマシンの開発、エンジニアリング、商業化に取り組む予定であると発表しました。

Sino-Globalは、ニューヨークで設立されたグローバルな物流・船舶管理サービス会社で、プレスリリースによると、暗号通貨市場への多角化を進めているとのこと。ハイシャープは、ブロックチェーン技術、ハードウェア、ソフトウェア、技術管理、クラウドコンピューティングに注力している企業であるとしています。

この合弁事業の範囲は、「Thorという名称の独自のビットコインマイニングマシンの共同エンジニアリング、技術開発、商業化を網羅し、デザイン制作、知的財産、ブランディング、マーケティング、販売をカバーする独占権を有する」とパートナーは述べています。

この合弁会社は、Thorビットコイン採掘機の製造、マーケティング、販売を全世界で独占的に行うことができ、Thorビットコイン採掘機に関するすべての知的財産権を保有し、米国特許商標庁に実用新案を申請する予定です。

Sino-Global社は、このベンチャー企業の運営資金として、来月中に1,000万米ドルの投資を行うと述べています。

また、同社は「米国で行われる作業を支援するために、今後数年間で推定5,000万米ドルを投資することに合意した」と発表している。これには、設計、試験、および統合に関する作業が含まれます。「Sino-Global社は、このような投資のために、既存の資産および将来の増資を利用することを期待しています」と述べている。

一方、ハイシャープは、合弁会社のハイパフォーマンス・コンピューティング・チップの独占的な指定サプライヤーとなり、合弁会社とハイシャープの間で別途購入契約が締結される予定である。購入内容については、合弁会社の「実際のビジネスボリュームに基づいて決定される」という。

「Sino-GlobalのCEOであるLei Caoは次のように述べています。「これはSino-Globalにとって大きな戦略的展開であり、長期的に大きな財務的利益をもたらす可能性があります。「最近の暗号化政策の変更と世界的な部品不足が相まって、貴重なデジタルマイニングの生産能力が失われています」と述べ、「その空白を埋めるつもりで、積極的に動いていくつもりです」と付け加えました。
____
もっと詳しく: 
-初の火山でのビットコイン採掘、エルサルバドルの大統領が語る 
- 機関投資家が主流だったビットコイン・マイニングも自宅で可能に
-ビットコイン・マイニングは国のエネルギー生産にどのように役立つか