11 5月 2022 · 0 min read

Sand Dollar CBDCはバハマの「金融包摂を促進する」可能性がある - IMF

Source: AdobeStock / Ruth P. Peterkin

 

バハマが開発した中央銀行デジタル通貨(CBDC)「Sand Dollar」は、カリブ海諸国の「金融包摂と決済システムの弾力性を促進」する可能性があると、国際通貨基金(IMF)の新しい報告書では述べられています。

IMFは報告書の中で、CBDCの普及を加速させるために、バハマ中央銀行が教育キャンペーンを通じてデジタル通貨を推進することを提言しています。さらに、報告書は、CBDCがより多くのユーザーに押し出されるにつれて、中央銀行が「金融の完全性を守る」ために、サイバーセキュリティなどに関する自らの能力を強化すべきであると述べています。

規制の面では、IMFはバハマがより広くデジタル資産のための「強固な監督と規制の枠組み」を開発することが「重要」であると見ている、と報告書では述べられています。

Sand Dollarはもともと、2020年10月にバハマ中央銀行が展開したもので、当時は世界初のCBDCとして宣伝していました。しかし、CBDCの採用はほとんど進んでおらず、現在島国で流通している通貨の0.1%以下がこの中央銀行発行のトークンで構成されていると報告書は主張しています。

IMFの報告書とともに発表された声明で、バハマ事務局長のPhilip Jennings氏は、中央銀行がサンドダラーを「決済システムの近代化と回復力、そして金融包摂のための重要な手段」と見なしていることを述べました。

さらにJennings氏は、CBDCの導入が遅れたのはCOVID-19の流行が原因だとし、「公教育や企業への展開の勢いが鈍った」と述べました。

しかし、Jennings氏は、今後、当局は情報キャンペーンやその他の取り組みを加速させ、導入を進める計画であると述べました。

「IMFがCBDCの分野で内外の能力開発を優先させたことを歓迎する」と声明は述べています。

____

詳しくはこちら: 
- Bahamians Will be Allowed to Pay Taxes Using Digital Assets
- First or Not, The Bahamas Trumps Leading Economies with CBDC Rollout

- Bahamas, Cambodia, China Lead Global CBDC Race, UK Launches Taskforce
- Alipay Provides Digital Yuan Boost as COVID-19 Deals PBoC Blow

- Number of Central Banks Involved in CBDC Projects Almost Doubles in One Year
- Russia Sanctions May Lead More Countries To Consider CBDCs, Ex-Central Banker Says