10 6月 2022 · 0 min read

グレースケールのビットコインETF申請に向けて、スター法律顧問がチームに参加し、楽観的な見方が広がる

出典: iStock/Photographer, Filmmaker, Designer

 

暗号業界の主要な声は、Grayscale Bitcoin Trust(GBTC)を支える大手暗号資産管理会社であるGrayscaleが、信託をスポットベースのビットコイン(BTC)上場ファンド(ETF)に転換するために必要な承認を得ることに成功すると楽観的であります。

今週報告されたように、Grayscaleは、GBTCのETFへの転換申請に関する米国証券取引委員会(SEC)の決定期日に向けて、元米国司法長官のドナルド・B・ベリリ氏を追加の法律顧問として起用しました。

同社は、「ビットコインのETF申請をサポートするために、可能な限り強力な法律家チームを用意したい」と述べています。その上で、Verrilli氏を「全米で最も経験豊富な弁護士の一人」とし、行政手続きや 「司法部門との連携に関する実務」について「深い理解」を持っていると述べています。

この件に関するSECの判断期限は、7月6日です。

GrayscaleがVerrilli氏を法律顧問として雇ったというニュースは、彼が米国の規制当局と仕事をした確かな経験があることから、暗号業界では楽観的な見方を促しました。

「強い動きだ。Grayscaleはビジネスを意味している」と、米国のブロックチェーン協会で弁護士兼政策責任者を務めるJake Chervinsky氏は述べました

彼は、Grayscaleの申請が承認されるべきなのは「間違いない」と付け加えました。「そうでない場合、特にDon Verrilli氏が率いる法的挑戦をSECが生き残るとは思えません。カレンダーに印をつけておいてください」と暗号に特化した弁護士は述べています。

このニュースは、暗号ヘッジファンドThree Arrows Capitalの共同創設者兼CEOであるZhu Su氏も取り上げ、Verrilli氏を採用する動きを単に「強力」と呼びました。

注目すべきは、業界紙Law360が、過去1年間にSECの「多くのトップ弁護士」が退社したと報じたことです。

それによると、この離職は、弁護士の転職市場が過熱していることのみならず、SECのGary Gensler委員長の「積極的な執行戦術」や「訴訟や和解による罰則強化」に対する不満が原因であるとしています。

「SECが起こす事件の種類をパイプラインで見ていて、SEC側の勝利への道筋が見えない」と、SECを去ったある無名の関係者は、同誌に語ったと報じられています。

今年3月、GrayscaleのMichael Sonnenshein CEOは、同社のETFがSECに拒否された場合、行政手続法に基づいて訴訟を検討することを確認しました。Sonnenshein氏は当時、「7月になればすべての選択肢がテーブルの上にあると思う」と語りました。

GrayscaleがBitcoin TrustのETF化に成功すれば、ビットコイン先物契約ではなく「現物」のビットコインに直接裏打ちされた米国初のビットコインETFとなります。

承認の可能性は、ビットコイン価格の大きな起爆剤になるとも考えられています。
____
詳しくはこちら: 
- Launching Bitcoin ETFs Could Burst the Bitcoin Floodgates – Study
- Ethereum Futures ETF May Come Before Spot Bitcoin ETF – Analyst

- Here's What You Need to Know About the Bitcoin Futures ETF
- MicroStrategy's and Grayscale Bitcoin Trust's Shares Now Compete with ETFs