冬季オリンピック公式P2Eゲーム、大会開催国で非売品に

Tim Alper
| 1 min read
Source: Adobe/rarrarorro

現在、中国で開催中の冬季オリンピックで、クリプトが不在のまま存在感を示している。国際オリンピック委員会(IOC)は、プレイ・トゥ・イヤー(P2E)ゲーム大手Animoca Brandsの子会社であるnWayとパートナーシップ契約を結び、北京2022年の「公式ビデオゲーム」をリリースした。想定外なのは、オリンピック開催国で禁止されていることだ。

アバターをカスタマイズできるNFT(non-fungible token)を利用したこのゲームもP2Eタイトルである。その名も「Olympic Games Jam:北京2022」だ。

本作では、スノーボード、スケルトン、ダウンヒルスキーなど、冬季オリンピックに関連するさまざまな競技を楽しむうえに、オリンピック・ブランドのアイテムやゲーム内アイテムを集め、nWayのマーケットプレイスで取引することができる。

しかし、韓国紙「朝鮮」は、中国がこれに関わりたくないと報じている。中国本土にあるアプリマーケットプレイスのユーザーは、当ゲームをダウンロードすることができない。しかし一部のユーザーは止めていないようだ。

同レポートは、プレイヤーがゲームの仮想世界で「しばしば中国人に出会う」ことが予想されると述べているが、それは「海外在住の中国人か、仮想プライベートネットワーク(VPN)を使って(国内マーケットプレイスを)迂回していると思われる」、と付け加えている。

そして、このゲームが障害にぶつかっているのは中国だけではない。韓国のゲーム規制当局も、P2Eタイトルのライセンス取得を認めていない。ただし、Chosunは、このゲームが韓国のGoogle Playストア経由でダウンロードできると述べている。

現在、一部の開発者は、ゲーム評価管理委員会(GRAC)から年齢相応の許可を得ようともせず、Google Playに直接タイトルをリリースしようとしている。しかし、GRACは最近、Google Play Storeやその他のマーケットプレイスに対し、タイトルの削除や韓国在住のユーザーによる無許可のゲームダウンロードの阻止を求めることを発表しており、この抜け道は塞がれようとしている。

このゲームはFlowブロックチェーンプロトコル上でリリースされ、同ネットワークのネイティブコインであるフロー(FLOW)の上昇につながった。本稿執筆時点では、FLOWは8.33米ドルで取引され、2週間で68%上昇し、月間上昇率を10%に高めている。

____
詳しくはこちら 
中国の冬季オリンピック用デジタル人民元、一部の「外国人」から冷ややかな反応を受ける
アクシーインフィニティが経済的な改革を明らかにし、AXSとSLPが高値を更新

ブロックチェーンゲームの導入が急増、しかし規制と教育の障害は高い-調査結果
Play-to-Earnゲーミングがブーム。AxiesからLightniteまで、どんなゲームがあるのかを紹介