ナイキがニューヨークの裁判所に、転売業者StockXによる自社シューズのNFT販売の差し止めを要請

Tim Alper
| 1 min read
Source: AdobeStock / pavel siamionov

 

ナイキは、デトロイトに拠点を置くオンラインファッション再販プラットフォームStockXが、Non-fungible token(NFT)の提供品に同社のフットウェアの画像を無許可で使用していると主張し、米国で民事裁判を起こしました。

ニューヨーク南部連邦地方裁判所に提出された50ページの訴状で、ナイキの弁護士は、StockXのVault NFTの提供が同社の商標権を侵害していると主張し、消費者に混乱を引き起こす可能性があると主張しています。

その上で、金銭的な損害賠償と、StockXによるNFTの販売を停止する裁判所命令を要求しています。

ナイキが任命した弁護士は、StockXが「ナイキの有名な商標と営業権を悪用して、儲かるNFTとデジタルコレクティブル市場に参入した」と書いています。これは、ナイキから「この新しい商業媒体(NFT)に関連してそのマークを使用する独占的な権利を奪おうとしている」と、弁護士は付け加えています。

請求は、補償の数字を定めていませんが、StockXの提供するものによって、同社のブランドが「希釈」されたと主張し、「不当競争」を理由に挙げています。

そして、”StockXがナイキの有名なマークを付けたVault NFTを販売し続けることを、迅速かつ永久に停止すること “を裁判所に求めています。

弁護団は、「558個のナイキブランドのVault NFT」がStockXのプラットフォームで売りに出されていると述べています。

StockXのウェブサイトによると、そのVault NFTは、”StockXの保管する物理的なアイテムに裏打ちされ、ブロックチェーンを通じて直接1対1に結び付けられています。”

というように、説明されています。

「Vault NFT[s]に関連する現物が所有者によって換金された場合、それはStockX Vaultから取り出され、所有者に発送されます。その後、StockXは、所有者のポートフォリオと流通からVault NFTを削除します(すなわち、Vault NFTを “燃やす”)。”

同社はまた、Vault NFTによって買い物客は「かつてないほど現在の文化に投資する」ことができ、アイテムを「所有することなく」「送料を支払うことなく」所有することができるとしています。「さらに、同社は、「商品を送る必要がなく、販売手数料も少なくて済む」とも述べています。

しかし、ナイキの法務チームは、消費者が「ナイキがStockXに商標権侵害のNFT製品の販売を許可したかどうかをすでに質問している」と主張し、ナイキのブランド名でNFTを販売するライセンス許可を「StockXがどのように受け取ったのか」と同社に質問しているといいます。

ナイキは、NFTの世界に真っ先に飛び込み、自社の製品群はすでにOpenSeaなどのプラットフォームで販売されています。昨年12月には、バーチャルスニーカーやグッズ、靴関連のNFTを製造するRTFKT社を買収しています。

もしナイキがこのプラットフォームに対する法的措置に成功すれば、他のスポーツウェア企業も追随するかもしれません。このプラットフォームでは、少なくともアディダスのNFTも提供されています。

____

詳しくはこちら:
Nike & Microsoft Rush Into Metaverse
Here’s the ‘Metaverse-Ready Sneakers and Collectibles’ Creator Nike Acquired

Prada & Adidas Launch NFTs on Polygon
Metaverse Trends in 2022: Prepare for More Gaming and New Virtual Experiences with NFTs

–  NFTs in 2022: From Word of the Year to Mainstream Adoption & New Use Cases
DeFi Trends in 2022: Growing Interest, Regulation & New Roles for DAOs, DEXes, NFTs, and Gaming