06 10月 2021 · 1 min read

暗号ウォレットのアドレスを「.Wallet」ユーザーネームに置き換えることを目的とした新たな提携について

Source: Adobe/terovesalainen

Made up of the non-fungible token (NFT) domain name provider Unstoppable Domains and 30 of the world’s crypto wallets, a freshly formed alliance is aiming to establish “a new global standard” for crypto transactions without lengthy alphanumeric wallet addresses.

Dubbed the Wallet Alliance, the new group of wallet providers said they will develop the wallet address standard by using Unstoppable Domains’ more easily readable “.wallet” domains.

Other members include Trust Wallet, imToken, BRD Wallet, MyEtherWallet, Birdchain, Litewallet, 1inch, Nimiq Wallet, OWNR Wallet, Digifox, Klever, CoinFlip, Bitcoin.com, and others. All members together represent 40m users. 

Unstoppable Domains is a domain name provider launched in 2018 that offers domain extensions tailored to the crypto space, including extensions like .crypto, .bitcoin, or .nft.

The changes are set to take place “in the coming months,” the announcement said, adding that it will be implemented across “most major wallets,” covering more than 275 different digital assets.

“By establishing .wallet as the username of choice for peer-to-peer payments, this alliance of wallets is taking this unparalleled user experience a step further,” Matthew Gould, founder and CEO of Unstoppable Domains, said in the announcement. 

Further, he also emphasized that simplifying addresses and having them work across all wallets globally will “take the fear and risk out of spending crypto” for a lot of users, and in particular for new crypto users.

“We are confident that this collaboration brings us closer to making wallets the standard for peer-to-peer crypto payments globally,” said founder and CEO of MyEtherWallet, Kosala Hemachandra.

According to the announcement, many of the participating wallet providers will “soon” add the option for their users to create a .wallet username directly from within their apps. However, a more specific timeline for when the new feature may be available for users has not been provided.

ノンファンジブル・トークン(NFT)ドメインを提供するUnstoppable Domainsと、世界の暗号ウォレット30社で構成される新たなアライアンスは、長い英数字のウォレットアドレスを使わずに暗号取引を行う「新しいグローバルスタンダード」の確立を目指しています。

ウォレット・アライアンス」と名付けられたこのウォレットプロバイダーの新グループは、Unstoppable Domains社のより読みやすい「.wallet」ドメインを使用してウォレットアドレスの標準を開発すると述べています。

他のメンバーには、Trust Wallet、imToken、BRD Wallet、MyEtherWallet、Birdchain、Litewallet、1inch、Nimiq Wallet、OWNR Wallet、Digifox、Klever、CoinFlip、Bitcoin.comなどがあります。すべてのメンバーを合わせると、4,000万人のユーザーがいることになります。

Unstoppable Domainsは、2018年に立ち上げられたドメイン名プロバイダーで、.crypto、.bitcoin、.nftなどの拡張子を含む、暗号空間に合わせたドメイン拡張子を提供しています。

今回の変更は「今後数カ月のうちに」行われると発表されており、275種類以上のデジタル資産をカバーする「ほとんどの主要なウォレット」で実施されると付け加えられています。

Unstoppable Domains社の創業者兼CEOであるMatthew Gould氏は、発表の中で、「.walletをピアツーピアの支払いに選ばれるユーザーネームとして確立することで、このウォレットのアライアンスは、この比類のないユーザー体験をさらに進化させるものです」と述べています。

さらに、アドレスを簡素化し、世界中のすべてのウォレットで使えるようにすることで、多くのユーザー、特に新規の暗号ユーザーにとって、「暗号を使うことへの恐怖とリスクを取り除く」ことができると強調しています。

MyEtherWalletの創設者兼CEOであるKosala Hemachandraは、「今回の提携により、ウォレットをピアツーピアの暗号支払いの世界標準に近づけることができると確信しています」と述べています。

今回の発表によると、参加しているウォレットプロバイダーの多くは、ユーザーがアプリ内で直接「.wallet」のユーザー名を作成できるオプションを「間もなく」追加する予定です。ただし、この新機能をユーザーが利用できるようになる具体的な時期については明らかにされていません。

____

もっと詳しく:
- ドメインを使ったトランスファー。Huobi Wallet、Unstoppable Domains社と提携
-この拡張機能でChromeで分散型サイトを閲覧

-ソーシャル・リカバリー・ウォレットは、あなたの暗号資産にとってより良いものです - Buterin氏
ビットコインをもっと使いやすくしたいシードレスウォレット

-  技術的に可能なビットコインには、大量導入のための課題がある 
-暗号とブロックチェーンの普及は、セキュリティ、信頼、ユーザーエクスペリエンスにかかっている