MicroStrategy(マイクロストラテジー)、BTCの利回り向上オプションを検討中 95,643株

Tim Alper
| 1 min read
Source: AdobeStock / photo_gonzo

 

アメリカのIT企業MicroStrategyは、保有するビットコイン(BTC)の利回り発生の可能性を検討していると表明しています。現在、同社はBTC 129,218(49.7億米ドル)を保有しています。この数字のほとんどは「担保なし」で、子会社のマクロストラテジーの名義で保有されています。

バランスシートを使ってBTCを購入してきた同社は、2022年第1四半期の業績報告書を発表し、そこで「担保なし」のトークンについて「保守的に将来の利回り発生の機会を探ることができる」と指摘しました。これは、同社が先月、銀行Silvergateから画期的な2億500万米ドルのBTC担保3年ローンを確保するために使用したBTC 19,466(7億4860万米ドル)を除くということになります。そしてそれは、MicroStrategyが95,643BTC(368万)という途方もない金額で利回り生成オプションを「探索」できることを意味します。

しかし、同社のBTC購入戦略は、長期的には抜け目のないことを証明するかもしれませんが、短期的な痛みは避けられないかもしれないようです。ここ数カ月のBTC市場の低迷により、MicroStrategyは40億米ドル相当のコストに加え、10億米ドル超の累積減損損失を計上することになりました。

同社は、保有するビットコインの「原始原価ベースと時価」が「それぞれ39億6700万米ドルと58億9300万米ドル」であると説明しました。これは、「ビットコイン1枚あたりの平均コストが約30,700米ドル、ビットコイン1枚あたりの市場価格が45,602.79米ドルであることをそれぞれ反映している」と指摘しています。

ビットコインは、40,000米ドルを下回る水準で数週間推移した後、38,000米ドルの大台に向かって現在低迷しています

しかし、MicroStrategyが「邪魔にならない」BTCの全額で利回りオプションを「探索」できる可能性は低いと思われます。シルバーゲートの融資中にBTCの価値が大幅に下落した場合、MicroStrategyはマージンコールを回避するために融資の担保として使用するBTCの量を増やす必要があります。

しかし、同社の財務トップであるPhong Le氏は、ビットコイン価格が現在の水準から50%程度下落しないと、このような呼び出しは起きないと指摘しています。MicroStrategyは融資の動きに続いて、トークンに約1億9,050万米ドルを費やし、別のBTCを購入しました。

____

詳しくはこちら:
MicroStrategy Spends USD 191M on Bitcoin After Last Week’s Loan
MicroStrategy Leverages Bitcoin Holding to Buy Even More BTC

MicroStrategy Begins 2022 by Spending USD 25M on Bitcoin
Financial Markets Not Ready for Bitcoin-Backed Bonds – MicroStrategy CEO

‘Bitcoin Is Being Embraced’ by the Government & Regulatory Future Is ‘Bright’ – MicroStrategy’s Saylor
Bitcoin is Digital Property, Ethereum is Digital Security – Argues Michael Saylor