31 3月 2022 · 0 min read

NFTブローカーを目指す鉄鋼会社の紹介

Source: Adobe/Валерий Моисеев

 

韓国の上場鉄鋼会社が、暗号資産ブローカーおよびNFT発行会社としてリポジショニングする意向を改めて表明しました。

この会社 - Jaeil Steel - はコスダック取引所に上場していますが、主要株主と少数株主のサミットで、Jesco Holdings に社名を変更することに同意しました。同社は3月中旬に初めてその意図を発表し、Newsisは当時、取締役の1人の辞任に続いて報告しました。(彼は1月にBitMEX暗号資産取引所のスイス子会社を率いるために退職しました。)

元ディレクターはその後、同社とその「新しい仮想通貨とNFTプロジェクト」との「密接な協力関係を維持することを決めた」と、Fn Newsは昨日報告しました

少数株主が提出した多くの提案は、この総会で否決されました。少数株主(6人の個人グループ)は、暗号資産の動きに反対し、先月、水原地裁安山支部に差し止めを申請するまでに至っていました。

このグループは、新しい取締役と監査役の選任を要求していたが、同社の「暗号化」計画を頓挫させることに失敗したようです。大株主は、「正当な法的手続きに従って 『差止申請を』拒否した」と述べました。

その代わりに、同社はデジタルコンテンツ事業、バーチャルリアリティプラットフォーム開発部門、ブロックチェーンベースのソフトウェア開発部門、さらには「仮想通貨関連事業」など、事業路線を変更したいとの考えを改めて示しました。

また、鉄鋼関連事業を継続するほか、鋳造、認証、仲介、販売など、さまざまなNFTサービスを開始したいとの意向を示しました。

3月には、フィンテック、暗号、NFTの専門家を「社外取締役」として起用するとも述べています。

EDailyによると、同社は売上高が120%以上伸びたことに加え、2月に430万米ドル以上の年間営業利益を計上しました。
____
詳しくはこちら: 
- Another Expensive NFT Gets Mistakenly Sold at Large Discount - How Does That Happen?
- Former Mt. Gox CEO Releases ‘Commemorative’ NFT Collection

- NFTs in 2022: From Word of the Year to Mainstream Adoption & New Use Cases
- Ukraine Launches NFT Museum of War to Help its Army and Civilians