21 7月 2021 · 0 min read

日本の規制当局は、新たなDeFi、NFT、CBDC規制を策定する可能性がある。

日本の金融規制当局である金融庁は、分散型金融(DeFi)関連のプロジェクトを取り締まるための新たな法律を導入する可能性があります。

出典: Adobe/Blue Planet Studio

金融庁は、"デジタル・分散型金融への対応など "を検討する「研究会」を発足させると発表しました。この研究会では、送金システムのデジタル化やデジタル証券関連への対応も検討するとしています。

さらに金融庁は、暗号資産関連の政策や、中央銀行デジタル通貨(CBDC)やNFTに関する事項も検討するとしています。CBDCとNFTは、官民を問わず喫緊の課題となっており、日本中央銀行がCBDCの試験運用を開始したほか、多くの民間企業が将来のCBDC関連ビジネスを想定してCBDCの試験運用を開始しています。

同庁は、「利用者保護を適切に確保する」と同時に「民間企業のイノベーションを促進する」ことを目的としていると述べている。

また、日本では、特に文化産業のクリエーターにとって、NFTが大きな意味を持つようになっています。取引所のCoincheckなどの大手暗号プレーヤーが、NFTのマーケットプレイスの運営を開始しています。

今回の研究会は、金融庁に対して予備的な提言を行う権限しかありませんが、それでもその影響力は誰にも負けません。金融庁は日本の暗号政策をほぼ完全に掌握しており、これまでの研究会の調査結果は、ほぼ例外なく日本の暗号政策の変更につながっています。

しかし、この研究会のメンバーは、規制当局やシンクタンクの幹部だけで構成されているわけではなく、民間企業も参加しています。日本の大手ブロックチェーン企業であるLayerXの幹部や、ソニーの関連会社の幹部もメンバーに名を連ねています。また、弁護士や学者も多数含まれています。

パネルの議長は、法学者で東京大学名誉教授の神田秀樹氏が務めます。
___
もっと詳しく: 
- 日本の規制当局の報告書、DeFi規制の可能性を示唆
- 日本銀行、DeFiの長所と短所を明らかにし、UniswapとYield Farmingに言及
- 日本の暗号推進派議員が暗号・NFT規制の将来像を語る