IOTAのアフリカパイロット、花から茶・魚・織物へ

| 2 min read

トレードマーク・イースト・アフリカ(TMEA)は、パイロット・プロジェクトの後、IOTA財団との契約を延長し、IOTA(MIOTA)の技術のテストを、英国への茶葉の輸出、ベルギーへの魚の輸出、米国への繊維製品の輸出など、より多くのトレード・レーンに拡大することを目指しています。

出典: Adobe/prima91

最適化された貿易輸出のための」分散型デジタルインフラを構築しているTMEAは、東アフリカの他の政府にもターゲットを絞り、国境機関への技術統合をテストしています。

TMEAは、ケニアの花卉輸出に焦点を当てたパイロットプロジェクトを通じて、この地域の貿易を妨げているペーパーワークの解消を目指しています。

このプロジェクトの目的は、東アフリカの企業と政府システムが安全かつ透明で、瞬時に通信できる「相互接続技術ハイウェイ」を構築することと、「官僚的なプロセスをデジタル化し、輸出書類をIOTAの台帳データ構造であるTangleに移行することで、貿易業者が製品の開発とビジネスの最適化に集中できるようにすること」ですと、財団は声明で述べています。

TMEAの試算によると、アフリカの起業家は1回の取引に平均して96枚の紙の書類を記入する義務があります。そのため、パートナー企業が開発したシステムは、「主要な貿易書類をTangleに固定し、目的地国の税関と共有することで、輸出プロセスを迅速化し、アフリカ企業の国際競争力を高める」と声明で述べています。

TLIP(Trade Logistics Information Pipeline)と名付けられた東アフリカのプロジェクトの第一段階では、年間約18万トンの花を輸出しているケニアの花産業に焦点を当てています。”現在、ケニアの花農家は、生鮮度の高い製品を顧客に出荷するまで、山のような書類作成と長いコミュニケーション・チェーンに直面しています」と、発表文は付け加えています。

パイロット版では、IOTA FoundationとTMEAは、ケニアの花農家の輸出プロセスのマッピングに成功し、改善されたユーザー・ジャーニーを確立し、国境機関の技術チームと連携しました。

東アフリカ諸国は、2000年以降、ブルンジ、ケニア、ルワンダ、タンザニア、ウガンダ、南スーダンで構成される地域ブロック、東アフリカ共同体(EAC)を通じて経済協力を拡大してきました。同時に、6つの加盟国は、2014年に貿易協定を締結した欧州連合(EU)との関係発展にも努めてきました。欧州委員会のデータによると、EACのEUへの主な輸出品は、主にコーヒー、切り花、紅茶、タバコ、魚、野菜です。

14:53 UTC、Coingeckoで時価総額48位のMIOTAは、0.85米ドルで取引されており、1日で1.5%上昇しています。1週間で約5%上昇し、月間の損失を29%にまで縮小しています。MIOTAは1年で262%上昇しています。

____
もっと詳しく:

エルサルバドルに端を発したビットコインのハイプウェーブに乗るチャンスがアフリカに到来
アフリカでは暗号の規制と非犯罪化が進んでいるかもしれない

ナイジェリアの上院議員が中央銀行の暗号禁止令を非難
ガーナにおけるモバイルマネーの事例

IOTA、分散型ネットワークに向けて一歩前進
IOTA、Jaguar社などと共同で共有デバイス向けIOTA Accessを開発