Insanity Bets(IBET)とは、カジノゲーマーが運営者となって不労所得が得られるプラットフォーム

Yamamoto
Yamamoto | 監修: Hiroshi O.
| 2 min read
免責事項:本記事はプレスリリースです。CryptoNews Japanによる編集内容ではありません。

IBETトークンのイメージ

Insanity Bets(IBET)は、プラットフォーム上のカジノゲーマーにカジノ運営者としての機会と、不労所得を得るための手段を提供するカジノプラットフォームです。

具体的な特徴として、ユーザーはIBETトークンを所有することで不労所得を得たり、ILPインデックスに投資したりすることで、プレイヤーが賭けた金額の90%を受け取ることができます。

また、トークンバーニングがシステムに組み込まれている点も特徴です。これにより、開発者はInsanity Betsのシステムを自身のアプリケーションに統合することができます。

Insanity Betsのプレセールが今週から開始されるため、このプロジェクトに参加する絶好のチャンスを逃さないようにしてください。

Insanity Betsではカジノゲーマーがカジノ運営者になる


SOLIDproofとCyberscopeのイメージ

Insanity Betsは、プレイヤーにカジノ運営者になる機会を提供し、プラットフォームの収益を通じて不労所得を得られるようにすることで、CasinoFi業界に革新をもたらしています。

Insanity Betsは、非集約型の分散暗号ベースのカジノプラットフォームで、ゲーミフィケーションを運営の中心に据えており、CasinoFi業界の最高峰と評されています。

Insanity Betsは、トークン保有者にクオリティの高いゲーム体験と利益をもたらすことで、業界大手に真っ向から勝負を挑んでいます。

また、セキュリティ分野で著名な企業であるSOLIDproofとCyberscopeによる監査を受けていることから、安全性と信頼性の高さにも定評があります。さらに、プラットフォーム上のすべてのゲームがChainlink VFR RNGを使用しているため、ゲームの公平性も証明されています。

カジノ運営者になるには流動性プールを活用する


Insanity Betsは、USDTを用いてILPを作成することで、プラットフォーム上のプレイヤーの賭けによる勝敗の90%を受け取り、ユーザーにカジノ運営者としての機会を提供するサービスです。

ILPとは、インデックスファンドの一種であり、プラットフォーム上の勝者と敗者の資金をプールした流動性プールとして機能します。このインデックスは、USDT、ETH、WBTC、IBETといった複数の暗号資産(仮想通貨)で構成されています。

ILPに投資したユーザーは、売却することでいつでも現金化することが可能です。ある程度のリスクを許容し、ILPを通じて間接的にカジノの所有権を持つことで、不労所得を得るチャンスがあります。

カジノ側はゲームのルール設定により、賭け金の1%から5%を確実に利益として得ることができるため、長期的には損失を被ることはありません。この仕組みこそが、カジノ産業が大規模なビジネスとして成功している理由です。

IBETは収益分配とトークン破棄によって価値を上げ続けられるのか?


ILPに加え、ゲーマーはプラットフォームの基軸通貨であるIBETを通じて、不労所得を得ることができます。ユーザーはIBETを購入し、ステークすることで、カジノプラットフォームで発生する手数料から利回りを得られます。

具体的には、IBETをステークした人はステークド(sIBET)と呼ばれるトークンを受け取り、プラットフォーム手数料の35%を分配してもらえます。さらに、長期的にステークしたりすることで、年間利回りを最大100%まで増加させることも可能です。

他にも、IBETを破棄してbiBETを受け取るオプションもあります。この場合、ホルダーは手数料収入の50%を受け取れるため、より高い収益を得られる可能性があります。

IBETは、保有し続けることで不労所得を得られる魅力的なトークン。将来的にIBETの総供給量が減少していけば、トークンの価値が長期的に上昇していくことも期待できるでしょう。

IBETのプレセールで多くの投資家が殺到


IBETトークンの総供給量は50億ですが、その半分がプレセールで販売されるため、多くの投資家がプレセールを通じてIBETトークンを入手しようとしています。

残りの50%は、以下のように割り当てられています。

  • 10%:esIBET(複利報酬を持つIBETのエスクロー版)
  • 5%:取引所上場
  • 5%:エアドロップ報酬
  • 30%:チームへの割り当て

IBETチーム配分が80週間にわたって段階的に分けられる予定になっていることからも、持続的な発展を目指していることが伺えます。

現在、トークンはプレセールの第2ステージとして、1トークンあたり0.0015ドルで購入できます。

しかし、価格上昇の戦略により、トークンのコストはその後のプレセール段階で上昇していきます。例えば、第3ステージでは0.002ドルに上昇し、残りのステージでも上昇し続けるのです。

上場価格は0.018ドルであるため、プレセールに参加した人全員が前例のないリターンを得て資金調達を終えることになるのは間違いありません。

Insanity Betsはゲーマーをカジノ運営者にすることで、Casinofi業界に革新をもたらしています。IBETトークンは、この分野での収益分配のリーダー的存在になるように設定されています。

現在プレセールを行っています。以下のリンクからプロジェクトの詳細を確認し、新しい分散型カジノを体験してみてはいかがでしょうか。