`
. 0 min read

EU、ロシアをSWIFTから排除するよう求めることはないだろう – 外交官ら

Source: AdobeStock / GAlexS 

 

ロシアがウクライナへの本格的な侵攻を開始したにもかかわらず、EUは、この戦争の勃発によって、ロシアの海外との貿易を大幅に損なうことになるSWIFT(国際銀行間通信協会)のグローバル決済ネットワークからロシアを追い出すことにまだ納得していません。

SWIFTは、自らをグローバルな会員制協同組合であり、安全な金融メッセージングサービスを提供する世界有数のプロバイダーであると説明しています。2021年、同システムは1日平均4200万通のメッセージを記録し、前年比11.4%増となりました。メッセージは、顧客の支払い、金融機関の送金、集金や現金書簡、国庫や証券の送金など、世界中の銀行が日常的に処理している金融活動の種類を示すことができます。

EUの意思決定者に近い複数の関係者がロイターに語ったところによると、EUはウクライナへの軍事介入を行ったロシアを罰するための新たな制裁措置に取り組んでおり、モスクワを銀行間決済システムから追い出す措置は現在のところ議論の対象にはなっていないとのことです。

EUのある外交官は、「今は緊急性とコンセンサスが最優先だ」と語ったといいます。

しかし、現段階では、ロシアをSWIFTから排除することは、EUの加盟国にも広範な影響を及ぼすため、合意にはSWIFTの問題を議論から外す必要がある、と情報筋は主張しています。

本日の緊急欧州理事会では、EUのモスクワに対する新たな制裁措置への道が開かれると予想されます。

欧州委員会のウルスラ・フォン・デア・ライエン委員長は、ツイートで次のように述べています。

「制裁はロシア経済の戦略的分野を対象とする。 EUにあるロシアの資産を凍結し、ロシアの銀行が我々の金融市場にアクセスすることを停止する。 これは、クレムリンの戦争資金調達能力に大きな打撃を与えるためのものだ。」

国際決済銀行(BIS)が発表した数字によると、外国銀行のロシア市場に対するエクスポージャー300億米ドルのうち、ヨーロッパの金融機関が最大のシェアを占めています。

一方、SWIFTのブロックは西側の同盟国にとって最も論理的な行動であり、クレムリンに暗号資産を受け入れさせる可能性があると主張する人もいます。

2月22日、米国政府は対ロシア制裁の第1弾を発表し、ロシアの大手国有金融機関であるVnesheconombankPromsvyazbankの2社にブロッキング制裁を課すと発表しました

また、ワシントンは次のように宣言しました。

「ロシア経済の金融サービス部門に属するあらゆる機関が、さらなる制裁の対象となる。ロシアの1日の外国為替取引の80%以上は米ドル建てであり、ロシアの国際貿易の約半分はドル建てで行われている。今回の措置により、最大手銀行を含め、我々の措置から安全なロシアの金融機関は存在しない。」

____

詳しくはこちら:
– 開戦と市場の下落で、中央銀行の政策に疑問が多発
– ロシアのウクライナ侵攻:ビットコインは両サイドの役割を果たすことになる

– 戦争開始でウクライナがCrypto Adoption Indexでロシアを上回る
– ロシアがウクライナに侵攻し、地域のビットコインへの関心が高まる

– インフレが続く中、ビットコイン、イーサリアム、金の投資家が勝つだろうが、ボラティリティに備えよ – BitMEX
– 供給途絶がインフレに拍車をかけ、欧州の回復を阻害する