30 4月 2022 · 0 min read

イーロン・マスクNFT、ウクライナの殿堂入り第一号で買えなくなる

The Elon Musk NFT. Source: Meta History: Museum of War

 

ウクライナ政府は、「非売品」でありながら、「過去に王室や有名科学者に絵画が贈られたのと同様の感謝の表現」として保存されているNFTベースの芸術作品のバーチャルギャラリーを作成しました。テスラのチーフでTwitterのバイヤーでもあるイーロン・マスクは、この仮想の「殿堂入り」を果たした最初の人物です。

マスクは、ロシアの侵攻を受けたウクライナを支援するために、SpaceX社のStarlink衛星インターネットを提供することを決定したと言われています。

この仮想の殿堂は、「Meta History」上でホストされています。このKuna暗号資産取引所が運営するプラットフォームで集められたすべての資金の最終的な受益者は、ウクライナのデジタル変換省です。

その発表によると、このホールでは、「ウクライナを支援するためにどれだけ声を上げたか、どんな実際の行動をとったかに基づいて選ばれた」個人を記念することになるそうです。

「他の殿堂入り者には、次のような人たちがいます。Mila Kunis, Elton John, Jared Leto, Jim Carrey, and Benedict Cumberbatch - 彼らの肖像画は、殿堂入りの準備が整っています。」と述べ、「NFTベースの芸術作品はブロックチェーン上に永遠に残ります」とし、「ウクライナの支持者は、文字通り彼らの行為によって歴史を刻んでいます」と述べています。

「これらの人々は、商品やサービスを提供し、密室で私たちをサポートし、彼らの芸術の力を使って、この活動への注目を集め、寄付を集めました」と、彼らは言いました。

そして、「ちょっとしたヒント」として、「このような行動はメタヒストリーの殿堂入りを果たすことができる」として、新たに追加するための「ホール」に空きがあるだろうと付け加えました。

NFTミュージアムはTwitterで、「ウクライナ戦争の真実を示す著名人に感謝します」と書き、「ウクライナを支援する公人に捧げるNFTアートワークを作成する」アーティストによってホールが飾られる予定であることを明らかにしました。

ウクライナ政府は、世界の暗号資産コミュニティとデジタルアーティストに、NFTでウクライナを「助ける」ように促し、寄付者に「私たちを敵と一緒に放っておかない」ように要請しています。以前、国家の戦争努力に資金を提供するために暗号資産寄付のためのプラットフォームを設定したデジタル変換省は、そのOpenSeaアカウントを介して、以前に暗号資産コミュニティによって寄付されたNFTsの入札も受け付けています。

公式サイトでは、Aid for Ukraineキャンペーンがこれまでに集めたすべてのNFT(フロア価格がETH 150のCryptoPunksのレアアイテムを含む)が現在販売中で、「収益の100%」がウクライナ政府の対ロシアキャンペーンに寄付されることになっています。

このキャンペーンに関連するイーサリアム(ETH)アドレスには、Etherscanのデータによると、本稿執筆時点で約26万4000米ドル相当のNFTが保管されているとのことです。

また、NFT美術館は先月、「作品集の第一弾を公開し、大成功を収めました」と主張し、売上から80万米ドルを徴収していました。

NFTの第2弾は、5月1日に公開されると、同団体はTwitterで指摘しています
____
詳しくはこちら: 
- Crypto Helps Ukraine Defend Itself Against Russia's Invasion, Here’s How You Can Contribute 
- Binance Bans These Kremlin-Linked Users as Russia Keeps Killing Ukrainians and Sanctions Mount

- Finland Set to Donate Bitcoin Seized from Criminals to Ukraine – Report

- Ukraine Doubles Down on Crypto-Friendly Regulation Efforts, Aims for Top Spot
- Exclusive: How the Ukrainian Crypto Fundraising Started, How It's Going, and What's Next