デロイトがChainalysisと提携し、デジタル資産の追跡と調査を強化

Ruholamin Haqshanas
| 0 min read

タブレット端末

画像出典:Pixabay

会計大手のデロイトは、デジタル資産の追跡と調査を強化するため、ブロックチェーンセキュリティ企業のChainalysisと提携しました。

Chainalysisは最近のブログ記事で、今回の提携により、デジタル資産のエコシステムにおけるコンプライアンス上の課題への対応において、両社の顧客を支援することが可能になると述べています。

この提携により、デロイトのクライアントは、Chainalysis社独自のブロックチェーンデータセット、業界をリードする分析ソフトウェア、トレーニングプログラムを活用できるようになる、と発表しました。

これにより、デジタル資産に関連するフォレンジック、調査、コンプライアンス・プログラムをより適切に管理できるようになります。

Chainalysisの社長兼最高収益責任者(CRO)であるトーマス・スタンレー(Thomas Stanley)氏は、次のように述べています。「この提携は、全米の法執行機関、規制当局、金融エコシステムのプレーヤーにとって、変革のギャップを特定し、企業規模でのミッションの成功を加速し、収益を増加させながらリスクを軽減するのに役立つ、新しい協調的なソリューションを提供します。」

さらにChainalysisは、仮想通貨やデジタル資産のリスク、分析、調査、アンチマネーロンダリング、顧客情報(AML/KYC)、規制コンプライアンスなどの分野で、デロイトのブロックチェーンおよびデジタル資産プラクティスと協力します。

デロイトはまた、Chainalysis製品、特にブロックチェーン分析と調査の訓練を受け、認定されたチームを拡大する予定です。

デロイトとのパートナーシップで仮想通貨に関する課題解決を支援


デロイトは別の発表で、仮想通貨は取引の難読化やマネーロンダリングに一役買っていると述べました。

海外の取引所からの情報の取得、一貫性のない政府の政策、継続的に進化するデジタル資産のエコシステムといった課題が、この問題をさらに複雑にしています。

デロイトとChainalysisのパートナーシップは、こうした課題に正面から取り組むことを目的としています。

「We investigate obfuscation techniques like chain-hopping, mixers, and the use of decentralized finance (DeFi). We investigate the illicit use of non-fungible tokens (NFTs), tokens, and stablecoins. We follow the money from fiat to crypto (and vice versa).(チェーンホッピング、ミキサー、分散型金融(DeFi)の使用などの難読化技術を調査します。非代替性トークン(NFT)、トークン、ステーブルコインの不正使用を調査します。私たちは不換紙幣から仮想通貨への(そしてその逆の)マネーを追跡します。)」

今回の提携は、Chainalysisのブロックチェーンデータセット、分析ソフトウェア、トレーニングプログラムと、デロイトのリスク管理、コンプライアンス、調査サービスに関する専門知識を融合させるものです。

これらのリソースを統合することで、同アライアンスは法執行機関、規制当局、金融エコシステムのプレーヤーに革新的なソリューションを提供します。

Chainalysisは、仮想通貨の分野でブロックチェーンの分析と調査サービスを提供する最大手の企業の1つです。

政府、法執行機関、金融機関、仮想通貨ビジネス向けにソフトウェア・ツールやデータ分析機能を提供しています。

同社はまた、仮想通貨業界のさまざまな側面をカバーする広範な調査とレポートでも知られています。

例えば、Chainalaysisは今月初めのレポートで、今年の仮想通貨関連の犯罪を分析しています。

同社によると、2023年は今のところ仮想通貨詐欺師にとって不況な年であり、「既知の不正団体」への流入は前年同期比で65%減少しています。

Chainalysisは、「言い換えれば、市場は後退しているが、不正な仮想通貨取引量は正当な仮想通貨取引量よりもはるかに減少している」と書いています。