Crypto.comの報酬、「秘密」のビットコイン法定通貨、イーサリアムの手数料、ハック&バウンティ+その他のニュース

Fredrik Vold
| 1 min read
Source: AdobeStock / sdx15

暗号資産とブロックチェーン関連のニュースを毎日、一口サイズでダイジェストでお届けします – 今日の暗号ニュースの動向ストーリーを調査します。

__________

統合に関するニュース

  • 暗号プラットフォームCrypto.comは日曜日に、独自のCROトークンによる報酬は、6月1日からJade Green、Royal Indigo、Frosted Rose Gold、Icy White、Obsidianのカード保有者に提供されなくなると述べました。”まだアクティブな6ヶ月のステークを持ち、2022年5月1日13:00 UTC以前にステークしたカードホルダーは、180日間のステーク期間が終了するまでCROリワードを受け取り続ける “と彼らは付け加えました。CROの価格は日曜日に下落し、月曜日15:00UTC時点で過去24時間ほぼ10%下落したままです。
  • 4月下旬にビットコインを法定通貨に採用した中央アフリカ共和国は、この決定を自国の不換紙幣を担当する中央銀行に伝えていなかったと、中央アフリカ国家銀行の広報担当者を引用してブルームバーグが報じました
  • New York Postによると、高級ヘルスクラブ「Equinox」が会費の暗号決済を開始し、ニューヨークのジムとしては初めてとなる。支払いはBitPayを使用して処理される予定である、と付け加えています。
  • スイス国立銀行は、ビットコイン(BTC)を準備金の一部として購入・保有することに反対していると、トーマス・ジョーダン議長が述べたとロイター通信が報じました

イーサリアムニュース

  • Bored Apes Yacht Club(BAYC)のNFTコミュニティで使用されているトークンであるアペコイン(APE)の価格は、週末にBAYCクリエイターのYuga Labsがメタバースプロジェクトに関する仮想土地の販売を通じて3億2000万米ドルを調達し、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンが屈服するところだったため月曜日に下落しました。複数のTwitterユーザーが数千米ドル単位のイーサリアム取引手数料の事例を報告し、あるユーザーは270米ドル相当のNFTを購入するために3,800米ドルの手数料が必要であると述べています。BitInfoChartsのデータによると、平均的なイーサリアム取引手数料はそれよりも大幅に低い水準で推移していますが、土地売却をめぐる動きが活発化した結果、日曜日には197米ドルと客観的な基準ではまだ高い水準にあります。月曜日15:00 UTC時点で、APEは過去24時間6%下落し、15.32米ドルの価格となりました。

セキュリティニュース

  • 週末、暗号プロジェクトRari CapitalFei Protocolは7700万米ドルのハッキングに遭い、Fei Protocolは現在、資金を返却すればハッカーに1000万米ドルの懸賞金を提供するとしています。”我々は根本的な原因を特定し、さらなる被害を軽減するためにすべての借入を一時停止しました。”とFei Protocolは土曜日のTwitterで述べています

為替ニュース

  • Coinbaseは、アセット上場のプロセスを変更すると発表しました。これからは、これまでのようにアセットが上場を検討している段階ではなく、上場が決定した時点で初めて上場に関する情報を公開すると、CEOのブライアン・アームストロング氏は記しています。

投資ニュース

  • サムスン・アセット・マネジメントは、今年上半期に香港で暗号とブロックチェーンに特化した上場投資信託(ETF)を上場する予定で、アジアで上場する最初の暗号ETFになると韓国経済新聞は報じました

規制関連ニュース

  • 世界の徴税機関5社で構成されるJoint Chiefs of Global Tax Enforcement(J5)は、Non-fungible token(NFT)マーケットプレイスに関するレッドフラグのリストを発表しました。J5 NFT Marketplace Red Flag Indicators」と題されたこの文書は、この種のものとしては初めてであり、消費者を保護することを目的としているとJ5は述べています。