27 9月 2021 · 0 min read

韓国の220万人の口座保有者を待ち受ける金曜日の暗号の大混乱

Source: iStock/TwilightShow

韓国の規制当局は、9月24日の規制期限を前に、国内の暗号取引プラットフォームの大部分が閉鎖され、他の多くの取引所がフィアットKRWの預金とKRW-暗号取引を削除する可能性がある重要な日を前に、緊急会議を開催しました

DongaとMaeil Kyungjaeによると、金融委員会(FSC)と金融監督庁(FSS)は予定外の首脳会談を行い、どの取引所がすでに閉鎖され、どの取引所が現在、暗号間取引のみを提供しているかを確認したという。

後者を行うためには、取引所は情報セキュリティ管理システム(ISMS)の認証を取得していなければならない。

これまでのところ、アップビット、コルビット、コイノーン、ビッサムの4大取引所のみが、KRW関連サービスを提供し続けるための銀行との提携を確保している。他の4つの取引所は、11時間以内に必死に銀行と交渉したものの、結局、期限に間に合わないことを認めてしまったようだ。

東亜は、ゴパックスの関係者の話として、「実名の入出金口座を発行するために金融会社と交渉中」とした上で、「KRW市場は通常通り運営する」としている。

しかし、FSCはこう指摘する。

"24の取引所がKRW市場のサービスを終了(または停止)する旨をウェブサイトに掲載して顧客に通知したことを確認しました。"

しかし、EDailyは、ISMS証明書を保有するプラットフォームの数は実際には43であり、このうち3つのプラットフォームが間一髪で文書を取得したと報じています。同メディアによると、Delio、the Blockchain Company、Lawdiansの3社は、ここ数日で認証を取得し、この事実を規制当局に報告したとのことです。

認証プロセスを監督する科学・ICT省は、ISMS認証の有効期限は3年で、その後は企業が新しい書類を申請しなければならないことをこの分野に念を押しました。

同省は、「ISMS認証を取得したクリプトアセット事業者が認証を適切に維持することで、安全なクリプトアセットサービス環境を構築する」と述べています。

一方、FSC会長のKoh Seung-beom氏は、投資家に警告を発しています。

"ISMS認証を受けていない[取引所]を利用する場合、損害を被る危険性があるため、十分に注意する必要があります。"

しかし、「ビッグ4」以外のプラットフォームを利用している何百万人もの顧客にとっては、何の慰めにもならないだろう。野党の人民パワー党のカン・ミングク議員の事務所がまとめたデータによると、KRWの取引が停止される大手18社のプラットフォームにウォレットを持っているアカウントホルダーは合計212万6613人で、ウォレットには約20億米ドル相当のトークンとフィアットが入っている。

Gopaxのユーザー(566,608人)は、取引所が営業時間終了までに銀行取引を確保できるかどうか、ドキドキしながら待つことになる。一方、438,823人のDove Walletと337,981人のHuobi Koreaのアカウントホルダーは、暗号対暗号市場での活動に制限される。

これらはすべて、「大手4社」にとっては比較的明るいニュースであり、週末にはこの街に残っている唯一のプレーヤーとなる可能性がある。

また、4大取引所の預金の累積額が508億米ドルを超えたというニュースも、4大取引所を後押しするだろうと朝鮮は報じている。

一方、韓国のユーザーが比較的多い別の国際取引所は、国内市場から距離を置く措置を取った。

BitMEXは自社のウェブサイトで、「2021年9月24日に韓国で新たな現地規制が導入されるのに伴い、ウェブサイトと取引プラットフォームから韓国語の資料を削除する」と書いているが、"その他のサービスは影響を受けない "と付け加えている。

なお、「Binance」とシンガポールの「Bybit」も同様の措置をとっています。

BitMEXは、次のように述べています。:

 

「当社は、急速に成長しているこのアセットクラスの発展を支える、暗号通貨商品の基準を確立するための規制当局の取り組みを全面的に支持します」。

____
もっと詳しく: 
- 韓国人のほとんどが、政府による暗号への課税を望んでいるという調査結果が出ました。
- 韓国の与党が暗号税をめぐって対立

- 韓国の警察部隊が暗号専門チームを結成へ  
- 韓国の議員が政府に「暗号の独占をさせないで」と要請  

- シンクタンクが韓国の銀行に警告。シンクタンクが韓国の銀行に指示:暗号カストディサービスの提供開始 
-  規制当局、「偽の」暗号化取引所銀行口座を特定