サークルの評価額が2倍の90億ドルに、新持株会社の株式公開が期待される

Fredrik Vold
| 1 min read
Source: Adobe/jadthree

 

暗号インフラと決済の企業サークルは、特別目的買収会社コンコード・アクイジション株式会社と新しい持ち株会社を設立する契約を締結し、サークルの評価額は2021年7月に発表した45億米ドルから現在90億米ドルに倍増しました。

安定コイン第2位のUSDコイン(USDC)の発行元であるサークルは、今後、サークルとコンコードの両方を買収する持株会社を通じて、ニューヨーク証券取引所(NYSE)に上場するとサークルは発表しています

新持株会社はティッカー「CRCL」で取引される見込みで、上場日は今のところ発表されていません。

サークルとコンコードの新しい契約は、サークルによるこれまでの企業結合契約に代わるもので、発表によると 「当事者のコントロール外の様々な理由により、2022年4月3日の終了日までに完了することができなかった」といいます。

計画された取引が完了した後、コンコードの現在の株主は、その株式をCRCLとして上場される新しい公開会社の株式と交換することができると発表しています。

この取引は、コンコードおよびサークルの株主による承認が条件となります。

コンコード・アクイジション・コーポレーションのボブ・ダイヤモンド会長は、「サークルは、世界の金融の進化の中で最も興味深く、革新的でエキサイティングな企業の一つであり、世界の経済システムに歴史的な影響を与えると信じ続けている」とコメントしています。
____

詳しくはこちら:
USDC発行元のサークルが全額出資の国立商業銀行を設立へ
3年後、サークルがUSDCの埋蔵量を公開

イエレンがステーブルコインを「国家安全保障」の懸念と呼んだ後、USDC運営者は喜んでいる
グローバル・ウォッチドッグ、暗号の勢力拡大を指摘し、またもや恒例の警告を発する