06 10月 2021 · 0 min read

Celo、2022年末までに最速のEVMチェーンになると共同創業者が発表

Source: AdobeStock/Jarretera

Ethereum(ETH)のサイドチェーンであるCelo(CELO)は、Celoの共同設立者であるMarek Olszewski氏によると、今後15ヶ月以内にEthereum Virtual Machine(EVM)対応の最速ブロックチェーンになることを目標としています。

モバイルデバイスでの分散型金融(DeFi)の利用を可能にすることに重きを置いているこのプラットフォームは、Web 3.0のインフラ構築に焦点を当てた新しい研究開発企業であるMysten Labsとの提携を新たに発表し、高い野心を持っているとオルシェフスキはCryptonews.comに語っています。

同氏によると、このパートナーシップは、Celoブロックチェーンの運用速度を劇的に向上させることを目的としており、"来年末までに最速のEVMチェーン "にするという確固たる目標を掲げています。

この目標は、CeloとMystenが当初パートナーシップを発表した際に述べられたものですが、計画のスケジュールはまだ公開されていません。

Mysten Labsは、FacebookのDiemブロックチェーン(旧Libra)に携わった多くの人々によって立ち上げられており、Celoのプラットフォームの中核的な貢献者となります。

さらに、Celoの共同設立者であり、Celoの開発会社であるcLabsのパートナーであるオルシェフスキ氏は、Mysten Labsの協力を得て、今から約1年以内にスマートコントラクト機能の改善がプラットフォームに搭載されることもCryptonews.comに語っています。

オルシェフスキによると、開発者は、広く使われているプログラミング言語「Solidity」か、Facebookと連携したDiemブロックチェーンのために特別に開発されたスクリプト言語「Move」のいずれかを使って、スマートコントラクトを書くことができるようになるそうです。

また、マレク・オルゼフスキは、Celoの開発についてより広くコメントし、「人々のためのDeFi」を開発するキャンペーンが世界中の市場で支持されたことで、最近、Celoのコミュニティが大きく成長していると述べています。

オルシェフスキは、Celoが関わっているプロジェクトの一例として、Celoブロックチェーン上で動作する、発展途上国におけるユニバーサルベーシックインカム(UBI)による貧困緩和のための分散型プロトコルであるImpactMarketを持ち出しました。

さらに、同共同創業者は、ブロックチェーンには現在、100万を超えるウォレットアドレスが存在し、先週、1日の取引件数が70万件という新たなマイルストーンを達成した後、「比較的すぐに」1日の取引件数が100万件に達する勢いであるとも述べました。

また、9月23日には、同チェーンのロックされた総額(TVL)が初めて10億米ドルの大台に乗り、月間を通じて好調な伸びを示しました。

DeFi Llamaのデータによると、TVLはその後下降に転じ、現在は約8億9700万米ドルとなっています。

Total value locked (TVL) on Celo in US dollars. Source: DeFi Llama.

火曜日の12:58 UTCには、時価総額71位のCELOが6米ドル強で取引されており、過去24時間で0.5%下落しています。このトークンは、過去30日間で17%以上上昇していますが、8月30日に一時的につけた史上最高値の10米ドルを大きく下回っています。

____

もっと詳しく
-ドイツテレコム、Celoを使ったモバイルペイネットワークを開始
- Facebook Libraの「ライバル」Celo、メインネットを公開