セルシオが新章に突入し、経営再建中のCELが暴落

アレックス・マシンスキー氏(セルシオ共同創業者兼CEO) 出典: A video screenshot, Youtube/Mr Money TV

 

DeFi貸出プロトコルにその負債のすべてを返すと報告された後、問題を抱えた暗号貸し手CelsiusCEL)は、そのビジネスを安定させるために、米国で自発的に第11章手続きを開始したと述べました。CELはこの発表を受けて下落しました。

現在03:03 UTC、CELはUSD 0.538で取引され、今日早くに到達した0.40米ドルから回復し、1日で25%ダウンしています。価格はまだ1ヶ月で92%上昇しています。

米国破産法の第 11 章は、通常、企業やパートナーシップを含む組織再編について規定しています。連邦破産法第11条の適用を受けた債務者は、通常、事業を存続させ、債権者に長期的に支払いを行うための再建計画を提案します。

セルシオの共同創業者兼CEOであるアレックス・マシンスキー氏は、発表の中で「これは我々のコミュニティと会社にとって正しい決断だ」と述べています。「我々は、このプロセスを通じてセルシオを導くための強力で経験豊富なチームを持っています」。

同社は、手元資金が1億6,700万米ドルあり、「通常の業務を継続する」ことを目的としているため、「再建プロセス中の特定の業務をサポートするための十分な流動性を提供する」と述べています。

セルシオは、現時点では顧客の引き出しを許可する権限を要求しておらず、顧客からの請求は連邦破産法第11条の手続きで対処されると発表しています。

本日の申請は、セルシオが先月、同社のプラットフォームにおける出金、スワップ、移管を一時停止することを決定したことを受けたものです。同社は、一時停止をしなければ、出金の加速により、特定の顧客(最初に行動した顧客)には全額が支払われ、他の顧客はセルシウスが流動性の低い、あるいは長期の資産展開活動から価値を獲得するのを待ってから回収を受けることになる、と主張しています。
____
詳しくはこちら:
- Celsius Still in Hotspot Despite Repayments and Is ‘Likely Deeply Insolvent,’ Regulator Claims
- Today in Crypto Turmoil: Sun Readies USD 5B Spend, Celsius’ Dealings ‘Exposed,’ CoinFlex Heads to HK Courts

- Voyager Digital Files for Chapter 11, Seeks to 'Maximize Value for All Stakeholders'
- CEL Token Soars as Celsius Shareholder Proposes Recovery Plan

- 5 Risks to Know Before Using Centralized Crypto Lending Platforms
- DeFi Suffers from Too Much Centralization, What Can Be Done?