Cardanoの価格予測-ADAが強気な勢いを増し、20%の動きが可能か?

Simon Chandler
| 1 min read

cardano価格は過去24時間で1%上昇し、執筆時点では0.436511ドルに達しています。これは、ADAの7日間の安値$0.427901を2%上回る上昇でもあり、アルトコインは、進行中のネガティブなマクロ経済環境によってもたらされた今週のマイナーセロオフの後にわずかに回復しています。

ファンダメンタルズの面では、ADAは、2022年の弱気相場の間に成長を続けてきたカルダノエコシステムの深さと広さを考えると、間違いなく市場で最も強い暗号通貨の1つであり続けています。そして、市場が過小評価と過大評価を続けているため、10%または20%程度の大幅な上昇は短期的には予見可能であり、ADAは今年すでにそのような突発的な上昇を目撃しています。

Cardanoの価格予測

ADAの現在の価格は、過去1週間で5%、過去14日間で6%の下落を表しています。つまり、まだ低水準にあり、チャートだけ見ると、いずれ上昇することを示唆しています。

ADAの指標は、売られすぎを示す限り、この解釈を支持します。相対力指数(紫)は40台で推移し、30日移動平均線(赤)は200日線(青)を下回っており、さらなる下落よりも上昇の可能性が高いことを示唆しています。

ADAの過去12ヶ月の価格チャートを見ると、10%以上上昇した例が多数あります。

例えば、8月29日に0.429619ドルだったADAは、9月10日には0.521808ドルまで上昇し、21%のジャンプを完了しました。さらに印象的なのは、7月14日から8月14日の間に40%上昇し、0.594002ドルに達したことです。

ADAは今年3月16日から4月5日の間に51%上昇し、1.21ドルになりました。もちろん、その価格とより広い暗号通貨市場はその後大幅に沈静化しましたが、ポイントは、ADAは長期的な下落であっても大幅な上昇が可能であるということです。

より遠い将来、より強気な状況が戻ってくれば、ADAの価格は上記の上昇を上回る可能性があります。なぜなら、Cardanoは過去1年間に多くの重要なアップグレードと改良が行われ、そのすべてが今後数ヶ月の間に開発者とユーザーにとってより魅力的なものになるからです。

直近では、Cardanoの開発者が先週、重要なVasilアップグレード/フォークを実装し、ネットワークがよりスケーラブルで堅牢になり、スマートコントラクトとアプリ開発も強化されました。

Vasilは昨年9月(Cardanoがスマートコントラクトを導入した時)まで遡る比較的長い更新リストに加わり、Cardanoのエコシステムがここ数ヶ月で大きく成長しているのは、このような改良のおかげだと思われます。

例えば、現在1,100強のプロジェクトがCardano上で構築されており、すでに99がローンチされています。そして、DappRadarはこの稼働プロジェクトの事実を認識し、JPG Store、MuesliSwap、Minswapなど、Cardanoの最大のアプリケーションの追跡を開始したのです。

また、このエコシステムは短期的にも長期的にも成長する可能性が非常に高く、創業者の開発ラボEmurgoは昨日、その成長をサポートするために2億ドルの資金提供を約束しています。

そのため、Cardanoの現在ロックされている総額–7760万ドル–は、そう遠くない将来に大きく成長すると予想できます。仮にFantomのような規模になり、TVLが5億ドルになったとしても、TVLと価格の相関が1:1であれば、ADAは2.80ドル強になることを意味します。

もちろん、このような上昇は、インフレ率や金利上昇など、マクロ経済が改善されるかどうかにかかっています。しかし、過去1年間のADAの株価推移が示すように、たとえ業績が悪化しても、短期間に20%以上の上昇をする可能性は否定できません。