Binance、カザフスタン共和国で暗号資産サービスライセンスを取得

Jamie McNeill
| 1 min read

Binanceは、CEOのChangpeng Zhaoが今後数年のうちに数億人の人々を暗号資産に引き込むという使命を果たすため、より多くの法域で運営するためのライセンス取得を進めていることが最近話題になっています。

現在の予測では、2024年または2025年までに、少なくともいくつかの暗号通貨を所有する人が世界で10億人以上になると推定されており、暗号通貨交換とデジタル資産サービスの大手プロバイダであるBinanceは、この爆発的な成長を利用するために最も適した企業の1つです。

Binance、カザフスタンでの事業認可を取得 

最近のプレスリリースによると、Binanceはカザフスタンにおけるデジタル資産のカストディサービスを提供するライセンスを取得しました。

BinanceはAIFC連邦サービス規制委員会からライセンスを取得し、今後、アスタナ国際金融センターから前述のサービスを提供できるようになります。

Binanceは最もライセンスが高い取引所 

Binanceは、最大の取引量を持ち、ユーザー数で最も人気のある取引所であるだけでなく、現在、世界で最も多くの管轄区域でライセンスを取得している暗号通貨取引所でもあるのです。

ハッカーが2m BNBを盗み、BSCが8時間停止される 

SOLの保有者は、中央集権型のブロックチェーンがしばしば一時停止したり、しばらく動かなくなったりすることに慣れているに違いありません(同チェーンは2022年の間にすでに8回停止しています)。

しかし、これまでBinanceスマートチェーンは、プロトコルレベルで大きな問題が露呈することもなく、ほぼ論争なく運用することができていました。

昨夜、あるハッカーが、Binance ChainをBinance Smart Chainと同列に扱うBinance Token Hubの欠陥を突くことに成功しました。これにより、彼らは2m BNBを盗むことができ、それを速やかに他の資産に変換し、より検閲に強いチェーンに移動しようとしたのです。

Binanceのチームは、この状況に介入し、できる限り救済しようとし、速やかに8時間チェーンを一時停止することを決定しました。

すべてが終わった後、Tetherはハッカーとその関連ウォレットをブラックリスト化し、ハッカーは当初盗まれた5億6000万ドルのうち1億ドルを持ち逃げしただけだったようです。