Binance(バイナンス)、ナイジェリア当局と提携し、ドバイのようなデジタル経済圏を設立

Source: Adobe/Bassey

 

大手暗号通貨取引所Binanceは、ドバイのようなデジタル経済圏を構築するためにナイジェリア当局との提携を開始し、アフリカでのプレゼンスを拡大しています。

ナイジェリア輸出加工区庁のマネージングディレクターであるAdesoji Adesugba氏は、「我々の目標は、ブロックチェーンとデジタル経済における1兆ドル近い仮想経済を利用するために、繁栄する仮想フリー[ゾーン]を生み出すことです」と声明で述べているのを引用しています。このプロジェクトに関する詳細は明らかにされていません。

昨年、ブロックチェーン分析会社Chainalysisが発表したレポートでは、ナイジェリアはGlobal Crypto Adoption Indexにおいて、ベトナム、インド、パキスタン、ウクライナ、ケニアに次ぐ6番目の国としてランク付けされています

2021年10月末、ナイジェリアのMuhammadu Buhari大統領は、同国の決済システムの運用を強化する目的で、中央銀行デジタル通貨(CBDC)「eNaira」を立ち上げました。当時、中央銀行は、このプロジェクトは 「プラットフォームのさらなる修正、機能、強化を繰り返しながら」継続されると述べていました

今年8月、ナイジェリア中央銀行のGodwin Emefiele総裁は、2021年10月の導入以来、eNairaが40億NGN(920万米ドル)相当の取引に利用されていると述べ、8月のeNairaアプリのダウンロード回数は84万回、アクティブウォレットの数は約27万個であると付け加えました。
____
詳しくはこちら: 
- Binance to Help South Korean City of Busan Launch a ‘Digital Assets Exchange’
- Bollywood-like Drama Erupts as CZ Moves to Distance Binance from India’s WazirX Exchange

- Inflation Is Spiking in Zimbabwe (Again). Why High-Interest Rates Aren’t the Answer
- Central Africa Rolls Out Sango Coin Amid Transparency, Credibility Worries