12 10月 2021 · 0 min read

BakktのユーザーがGoogle Payでビットコインを使えるようになる

Source: Adobe/Ascannio

デジタルアセットマーケットのBakkt社は、同社の顧客がBakkt VisaデビットカードをGoogle Payに追加して日常的な買い物ができるようになると発表しました。

「ビットコインなどのデジタル資産は、これらの支払いのために不換紙幣に変換されます。

また、Bakkt社は、Google Cloudを優先的なクラウドプロバイダーとして選択しているという。そのため、Google Cloudを利用したソリューションを、"米国内の主要な小売業者やマーチャント "に向けて販売する予定だという。

同社は、Google Cloudのツールをさらに活用し、人工知能(AI)、機械学習(ML)、ジオロケーション機能を備えたプラットフォーム上に新たな分析機能を構築することで、"場所を意識した深いビジネスインサイトを引き出す "ことを計画している。これらのインサイトは、Bakktの消費者にはロイヤリティの交換オプションの拡大を、Bakktのパートナーには消費者の行動パターンを提供することになるとのことです。

Bakkt社のCEOであるGavin Michael氏は、「Google Cloudと提携することで、何百万人ものユーザーのニーズに応えることができる、クラス最高の革新的なプラットフォームを構築し続けることができる」と述べています。

一方、9月下旬には、インターコンチネンタル・エクスチェンジ・インクが所有する暗号プラットフォームが、チョイス・ホテルズ・インターナショナルと提携し、同社の特典プログラムであるChoice PrivilegesをBakktアプリで利用できるようになりました。

また、それに先立つ8月上旬には、クイックサービスレストランのQuiznosと提携し、Quiznosの顧客がBTCで支払えるようにする初の実店舗試験を開始しました。 
____
もっと詳しく: 
- Bakkt、スターバックスなどと提携したビットコイン・ウォレットを発売
-  Bakkt、「USD 3 Trillion」の暗号部門の高成長を予測 
- Bakkt、2022年に1,800万人のユーザーを計画、合併後の評価を発表