02 5月 2022 · 0 min read

ソラーナ社で発生した障害による価格への影響は軽微

Source: Adobe/Aleksandra Sova

2022年、これまでに少なくとも9日間の停止が報告された後、時価総額で7番目の暗号資産であるソラナ(SOL)の価格は、ネットワークのトラブルによって過度に影響を受けていないように見え、ほとんどの場合、価格は1月末から80米ドルから120米ドルまでのレンジで推移しています。

午後12時25分(UTC)、SOLは約87米ドルで取引され、1日で1%以上、1週間で12%下落しました。価格は1カ月で35%下落し、年間の上昇率は76%に縮小しました。

先週の土曜日と日曜日には、ネットワーク上で非可溶性トークン(NFT)を取引しようとするボットによって引き起こされたとされる障害が発生し、ちょうどこの週末にソラナネットワークの複数の障害が再び注目されるようになりました。

この週末の障害は、昨年9月のいくつかの小規模な障害に加え、今年1月と4月にソラナで見られた一連の障害の最新版です。Solana独自の稼働率モニターによると、1月の稼働率は96.4%で、4月は99.6%でした。

1月のダウンタイム:

Source: status.solana.com

当然のことながら、多くの不幸な出来事は暗号資産コミュニティで議論されており、あるRedditユーザーは、「100%のアップタイムを持つ暗号資産が存在するのに、なぜ誰もがSOLに投資する必要があるのか」と質問しています

同様の感情は他の場所でも共有されており、例えばArcane Assetsの最高投資責任者であるEric Wall氏は、Solanaのトラブルがビットコイン(BTC)が特にシンプルであるように設計されている理由を示しているとほのめかしています。

しかし、これまでのところ、停電による価格への影響は比較的軽微です。今年1月上旬にさかのぼると、1月6日から12日にかけての大規模な停電の際に、価格が少し調整されたことがあります。しかし、1月20日、21日、22日には、停電とは関係なく30%以上下落するなど、それ以外の日はかなり強い値動きをしています。

一方、4月30日に始まった今回の障害では、24時間で約10%下落し、5月1日に下げ幅を縮小しました。障害によるユーザーへの影響が大きいことを考えると、比較的小さな影響といえます。

停電が報告された2022年のSOL価格:

Source: TradingView

____
詳しくはこちら: 
- DeFi Transactions at One-Year Low, NFTs and Games Standing Strong
- ‘Challenges’ to Crypto Traders as Lower Volatility Expected; Solana Derivatives Wanted

- Solana's Network Congestion Prompts Liquidations, Drives Away Users

- OpenSea Now Supports Solana NFTs in Beta
- Ethereum Co-Founder Raises USD 450M & Bashes Solana