「エルサルバドルで44カ国が集まり、ビットコインの話をする」ブケレ大統領の主張

Tim Alper
| 1 min read
Source: AdobeStock / pincasso

 

44カ国を代表する32人の中央銀行総裁と12人の財務責任者が今日、エルサルバドルで会合を開くと、同国大統領Nayib Bukele氏は主張し、-とりわけ-グループはビットコイン(BTC)を議論すると述べました。

昨年9月にエルサルバドルがBTCを法定通貨にしたことで、世界中の発展途上国がエルサルバドルの出来事を注意深く見守っていると考えられています。そして、もしBukele氏の主張が本当なら、中央銀行や財務省の代表を含む彼らの経済リーダーたちは、本日(UTC時間)後半に開催されるサミットで、経済におけるBTCの使われ方を直接目にする機会を得ることになるでしょう。

この会議については、サルバドル当局だけでなく、参加者とされる人々によっても隠蔽されているようで、ほとんど何も知られていません。Cryptonews.comは、それぞれの国のメディアでエルサルバドルへの公式訪問に関するニュースを見つけることができず、またサルバドルの報道機関もそのような会合について知らないようです。

実際、この会談について知られているほぼすべてのことは、Bukele氏自身が行ったツイートから得られたもので、同氏は金融責任者たちが「金融包摂、デジタル経済、銀行口座を持たない人々の銀行業務、ビットコインの展開とその我が国での利点について話し合うためにエルサルバドルで会談する」と書いています。

Bukeleが出席すると主張した国の中には、サントメ・プリンシペ、アンゴラ、ガーナ、ブルンジ、ナミビア、ナイジェリア、セネガル、ウガンダ、ギニア、エスワティニ、ケニア、ガンビア、コンゴ民主共和国、マダガスカルといったサブサハラ・アフリカ諸国が多く含まれています。

このリストの中で注目すべきは、最近独自のBTC法定通貨採用法を導入した中央アフリカ共和国です。

エジプト、モーリタニア、ヨルダンなど、北アフリカや中東の国もブケレ氏のリストに含まれています。

ブケレ氏は、ハイチとドミニカ共和国の財務長官、パキスタン、バングラデシュ、アルメニア、ネパールの中央銀行も出席すると主張しました。

コスタリカ、エクアドル、ホンジュラスの金融関係者を含む多数の中南米代表も出席することになっており、エルサルバドルの中央準備銀行がイベントの議長を務めることになっています。

Bitcoin BeachのTwitterアカウントの運営者は、先週の金曜日にイベントの情報を入手したようで、イベントが「おそらく何もない」と主張する皮肉な投稿で国際通貨基金をも煽りました。

しかし、そのリストはBukeleのものとはかなり異なっていた。最も顕著なのは、インドの出席についても言及していたことです。
 

また、同アカウントは本日未明、地図(おそらく参加者のもの)を掲載し、さらなる混乱を招きました。

この地図では、アフリカのほぼ全域がオレンジ色(BTCの非公式色)に塗られており、アルゼンチンやメキシコも塗られているように見えます。さらに怪しげなのは、暗号資産関連の活動のほとんどを締め出している中国と、ロシアとウクライナの両国の影です。

ビットコインビーチは、「世界初のビットコイン国であるオレンジピルを助けた小さなコミュニティ」を自称し、エルサルバドルの小さなビーチサイドのリゾートに住む外国人で構成されています。このグループは、人口3,000人のエル・ゾンテの地元の人々と協力してプロジェクトを進め、最終的には全国的な普及のための非公式な試験的取り組みとなり、2020年に業者や中小企業がBTC決済のエコシステムを採用しました
____
詳しくはこちら: 
Game Theory of Bitcoin Adoption by Nation-States
2 in 10 People in El Salvador Still Using Government’s Chivo Bitcoin App – Survey

Critics Say El Salvador Could Default on Conventional Debts Before it Even Issues Bitcoin Bonds

‘Developing Economies’ Tracking El Salvador’s Bitcoin Moves with Interest
Russia Sanctions Means Countries May Transition to Bitcoin Reserves – Pantera’s CEO