BTC 0.39%
$64,881.78
ETH 3.44%
$3,548.53
SOL 1.22%
$136.09
BNB 2.52%
$598.43
XRP 2.21%
$0.49
DOGE 1.61%
$0.12
SHIB 1.67%
$0.000018
PEPE 10.76%
$0.000011
PlayDoge(PLAY)
プレセール開催中

暗号通貨取引プラットフォームGSR、シンガポールで社内MPIライセンスを取得

Yamada
| 1 min read

暗号通貨取引プラットフォームGSR、シンガポ

暗号通貨マーケットメーカーGSRの子会社であるGSR Marketsは、シンガポール金融管理局(MAS)から大手決済機関(MPI)ライセンスの原則承認を取得しました。

シンガポール当局はこれまでのところ、GSR、Blockchain.com、Circle、Paxos、Rippleなどと同日に完全なMPIライセンスを取得した、Coinbaseを含むデジタル決済トークン企業14社にMPIライセンスを付与。

GSRは、MASが設定した厳格な入学要件を満たしており、都市国家で運営するための完全なライセンスの取得に向けて取り組んでいると述べています。

この重要な開発は、GSRがシンガポールでの足場を築くのに役立つだけでなく、Web 3.0 の導入を促進し、APAC地域全体のビジネスへの投資を促進すると、同社のプレスリリースには記載されています。

GSRグループの最高経営責任者(CEO)であるJakob Palmstierna氏は「MASの建設的な監督に非常に感謝している。成長するデジタル資産エコシステムの形成に貢献しており、私たちはその重要な一員であることを誇りに思っている」と述べました。

MASの規制枠組み


先月クリプトニュースが報じたように、暗号資産を保護するために税金に優しい避難所を求める仮想通貨億万長者にとって、シンガポールがトップの目的地として浮上しています。Henley & PartnersによるCrypto Adoption Indexでは、税制優遇パラメーターで 10点満点中 10点のスコアを獲得しました。

しかし、最近シンガポール大統領に選出されたTharman Shanmugaratnam氏は、デジタル資産に対して批判的な立場です。

GSRグループの最高執行責任者(COO)であるXin Song氏は、国の中央銀行MASのような「尊敬される規制当局」からライセンスを取得したことが大きな評価になったと述べています。

“MASは、デジタル資産ユーティリティのための明確なフレームワークを提供する道を先導し、私たちが地元の顧客とのパートナーシップを深め、エコシステム内で流動性プロバイダーとして重要な役割を果たし続けることを可能にしました。”

2022年6月、同市規制当局の最高フィンテック責任者Sopnendu Mohanty氏は、シンガポールは仮想通貨業界の不正行為に対して「残忍かつ容赦なく厳しい」と強調しました。