07 6月 2021 · 0 min read

カラシニコフ、SWIFTを撃ち落として「デジタル通貨」に切り替えたい

アサルトライフル「AK-47」を生み出したカラシニコフ社のオーナーは、国際的な決済ネットワークであるSWIFTや銀行セクターが管理する決済から脱却し、代わりに「デジタル通貨」(この場合はおそらく暗号)を活用したいと考えている。

出典: Adobe/denisk999

通信社タスによると、銃メーカーのオーナーであるアラン・ルシニコフ氏は、サンクトペテルブルク国際経済フォーラム(SPIEF)で講演し、次のように述べた

"銀行システムに期待したいのは、ノンバンクの決済システムに切り替えることです。デジタル通貨がよく話題になります。これこそが非常に必要なことなのです。"

ルシニコフは、この代替「システム」は、SWIFTに固定されていないため、銀行家にコントロールされないと述べている。おそらく、この会社は、銀行が管理する中央銀行デジタル通貨(CBDC)にはあまり興味がないのだろう。

デジタル通貨」とは、暗号の婉曲表現として意図的に使われることが多いが、他のブロックチェーンやフィンテック関連の「資産」を語る際にもよく使われるキャッチオールの用語である。

Finamによると、銀行・ハイテク大手のSberbankは、ブロックチェーンを搭載したプラットフォーム上で「デジタル金融資産」の取引所を立ち上げることを計画しているという。

同銀行はすでに、自社プラットフォーム上で再生可能エネルギー証書の売買を試験的に行っており、今後は約束手形やサードパーティのフィンテックアプリにも対象を拡大する予定だという。

同メディアは、スベルバンク取締役会の副会長であるアナトリー・ポポフ氏の発言を引用し、スベルバンクのブロックチェーン・プラットフォーム上で、小規模なフィンテック企業や大企業のプログラマーが「スマートコントラクトの形」で「新しいアプリケーションを作ることができるようになる」と述べている。

同氏は、これにより同分野の競争が促進され、企業がスマートコントラクト技術を利用して「さまざまな製品を市場に投入」できるようになり、ロシアのIT開発の「スピードが大幅に向上する」と主張した。
____
もっと詳しく:
- ロシアはデジタルルーブルを使って米ドルの粛清を進めようとしている
- 米国の制裁対象となっている行為者が規制を逃れるために新たな方法で暗号を使用 - レポート
- 調査対象者の40%が1年以内に暗号を使用する予定 - Mastercard